<   2017年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

アボジの墓地    [新日本歌人』投稿歌 10月号 7月に詠む

◎無窮花に負けじと伸びている薔薇と百日紅、いつの間にかどんどん伸びて、大きくなって剪定しても、そこからもっと勢いが強くなって伸びる。私の手には負えなくなっている。右奥はオーシャンブルー。
f0253572_11085066.jpg

◎オーシャンブルー、隣家の間が狭いので、伐ることが出来ない。雨どいに絡まって、ベランダまで伸びた。ベランダで切ってかろうじて、そこより、上には伸びないようにした。無窮花や百日紅、薔薇の花は散っていく。当然のことだが。

隣家の敷地に花殻が落ちるので、申し訳ないので、道路から1メートルぐらいの場所に入り、花殻を箒で履いていたら、我が家の土地ですから、入らないでくださいと叱責された。掃除させてもらっているのですがと言ったら、再度、私の家の土地です。入らないで下さいと言った。この人は引っ越して間もなく、横長の鉢一杯に咲いたポーチュラカを切って下さいと言われて花を処分したことがあった。
f0253572_11050946.jpg
◎無窮花の紫玉 二階のベランダより高い。剪定できない大きさになってしまった。
f0253572_11013258.jpg
◎無窮花の宗旦。
f0253572_10594588.jpg
◎無窮花の玉兎。狭い場所で、高く高く伸びるので、写真に収めるのが難しい。
f0253572_10582452.jpg
◎高砂百合。野草だから強い、一本咲いたと喜んでいたのは3年ほど前かも、今年は22個も花が咲いた。
f0253572_10561352.jpg
◎昨夜、ベランダに黒いものが飛んできて、胡瓜の葉に留った。暗くてよく見えなかったが、シャッターを切った中の一枚、蝉だった。
訪ねてくる人もなく、訪ねて行く所もない私を、慰めに来たのかもしれない。
1本の胡瓜の苗を、伸びすぎたと5分の1の値が付いていて、100円で買って植えた。このベランダで一度は、よたよたになってしまったが、面倒を見てあげたら元気を取り戻して、10本以上の胡瓜を収穫できた。今日は3本が収穫を待っている。
f0253572_10543871.jpg
◎火鉢に、3本植えた高砂百合、咲いてくれた。緑の葉は、正体不明、枯れもせず、上に伸びるだけだ。生きようとしているので切れないでいる。

f0253572_11125311.jpg
◎ベランダより屋根に迄伸びて行ったカロライナジャスミンと定家葛。

f0253572_11174978.jpg
屋根にまで這い上っていくので、伐ることにした。ベランダから、精一杯の力を出し、半分ほどに切った。終わった後は身動きも出来ない程に疲れ果てた。1日がかりで半分ほどに切り落としたが、落とした蔓に絡んだ葉の量が
あまりに多くて始末が出来ない。翌日に少しずつ纏めようとしたが、蔓が硬くて、小さく切り分けることが出来ないでいる。たとえてみれば我が家の浴室を天井まで埋めても有り余る量である。

これに、凝りて南側で育っていた羽衣ジャスミンを切ることにした。これは、何年か前にベランダより上に伸び始めた時に切り落としたものだが、切っても切っても、伸びようとするので、可哀想になり網をかけてやったものだ。

ところが、鉢が巣を作っていて、私の左手の甲を蜂に刺されてしまった。鉢に刺されて3度目は死に至ると聞いていた。2度目に刺された時には、タクシーを飛ばして病院に行ったのに、三度目の今回は、両親のお墓も整備できたし、私のお墓も準備できたし、「まあ良いか」と思った。
日曜日でもあったので、そのままに、手元の虫刺されの薬を塗った。手の甲は痛いばかりではなく、熱を持ち、どんどん腫れて行った。

月曜日は、骨粗鬆症の注射の道具と薬を貰いに行く日だった。この注射は2年間続ける。しないと寝たきりになると医師に言われていたが、注射の痛さに耐えられないと断っていたのだが、認知症の妹の面倒を見ることになって、妹から長生きして守ってと言われて始めた。
現在、毎日注射をしていて、月に一度、注射道具と注射液を貰いに行っている。ついでに、蜂に刺された為の薬と塗り薬を処方して頂いた。

蜂の巣は防虫薬のスプレーをかければ良いと言われて、1本全部をかけたのに、蜂の巣は、そのまま残っていて、今度は、私の右足を、再び、鉢は刺した。蜂に刺された時の痛さは、口では言い表せない。その瞬間痛さと驚きで動転する。

この8月は、暑さと蜂に刺されたことで、私の体は、瀕死の状況が続いた。
でも、今日も、死なずに生きている。

成すべきことがある人は、その為の寿命があると言われたことがある。
まだ、私が出来る事が残っているのだろうか?



十月号原稿


アボジの墓地              (ぱっ) (ちょん) (ふぁ)     


国を奪った日本に

己の骨を埋めない

生地は聖地

終生のアボジの意志


鞭で酷使された炭鉱生活を

口にしなかった憤怒

ひたすら帰国を願い続けた


子孫繁栄祈願の墓地と

土葬の願いを果たす

アボジは民族心を

行動で示した


養子夫婦の早世

アボジの心情は

孫に伝わっておらず

「納骨堂に移そうとしていた」


韓国籍を得て訪韓の私

甥との二度の出会いに

在日朝鮮人の慟哭の望郷を告げる


「お墓を守ります」

甥の英断に、閏月五月二日

納骨堂のオモニは

アボジの傍に移送された

そのかたえに私の墓碑も


父祖伝来の地に

墓碑に刻まれた

    蜜陽朴氏の貞夏乃墓

    族譜に載る私の諱の貞夏

 

       族譜(朝鮮の一族の系譜、家譜)

      諱(生前の実名、生前には口にすることを憚った)

    

  父祖の地に父母のかたえに永眠の床設えき墓碑の輝く










[PR]

by pcflily | 2017-08-26 11:19 | 『新日本歌人』 | Comments(2)