人気ブログランキング |

<   2016年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

ミンクのコートの裏地交換の繕いをしました。

オモニがハヌルナラへ行ってしまってから、もともと虚弱であったが、すぐに日常生活に困るほどに体調を崩すようになった。年末からの不調は年初も続いている。
身動きが出来なくてベッドに1日中横になっている程ではないが、芳しくない。暖房の中でも体の芯に寒さを感じている間に、役に立ったのが実家の遺品整理に行ったときに放置されていたミンクのコートであった。

実家のあった福島県の会津は雪国であったので、オモニも姉妹も毛皮のコートを持っていた。私はオオカミの毛皮を持っている。また、娘が婚家から贈られたミンクのロングコートを着る時がないと私に送ってくれた。そんなわけで、二枚もあるのだけれども、甥が残されたものはみんな、ブルトーザーで家ごと処理すると言うので、勿体ない、何方かに差し上げても良いと思って持ち帰った。

けれども横浜は暖地なので、毛皮はいらないと断られ貰い手がなかった。これが今回の長引いた風邪の時に大いに私の体に役立った。暖房をかけていても寒気があったのにこれを羽織ると体の芯から温まるのだった。
ところが、そのうちに裏地の綻びが酷くなってきた。糸も古くなるとこんなにも弱くなることを実感した。このまま捨てるのには忍びなくて私の「お得意のダメモト」で裏地を替えることにした。生地はやはり実家から持ち込んだものが、沢山ある。

姉は洋裁を習ったことがあり、縫物、編み物が大好きな人で、私の娘時代の洋服は殆ど、姉の手造りであった。いつ買い求めたものであるのか分からないが、新しい生地がたくさんあった。あるいは認知症になってしまって、買い集めていたのかもしれない。いずれにしても、どこかで役に立てれば良いと、塵にはしたくないので、我が家に持ちこんでしまった。

実を言うと私は縫物などは全く出来ない人間である。高校の時に、浴衣と袷の着物を学校に提出したが、近くに住んでいた中学時代の先生に教えて下さいとお願いに行ったら、殆ど先生が縫い上げてしまった。結婚してからも夫のワイシャツのボタンをつけるのをオモニに頼んだ。あのボタンを見るだけで震えが来て、触ることなどとても出来なかったからである。
編み物は好きであった。夫や子供や姪の為に自分の手で編んだものをプレゼントすることは何度かあった。そんな私がミンクのコートの裏地交換を始めた。古くなってほつれてきた生地を丁寧に取り除き、それを型紙にして新しい生地を裁断した。

ミシンは横浜に引っ越しをするときに処分してしまったので、すべて手縫いだ。この何日間は考えることはこの事だけであった。表が毛皮のためか裏の生地のカットが思ったより複雑になっていた。
洋裁道具も揃っていない中で、悪戦苦闘したが、漸く完成して試着してみたら、意外と体にぴったりと出来上がっていた。オモニや私の姉妹が、このことを知ったらどんなにか驚くだろうかと、一人でに笑いが込み上げてきた。
オモニはいつものように「貞花はなんでもやればできる子なんだよ」とほめてくれたと思う。
f0253572_17145988.jpg

○1月25日の昇る赤い月
f0253572_1716694.jpg

○枝垂れ梅も咲き始めました
f0253572_17185037.jpg

by pcflily | 2016-01-28 17:18 | アリランエッセー | Comments(2)  

編集部に問う

「新日本歌人 投稿歌」  三月号原稿

編集部に問う             朴(ぱっ) 貞(ちょん) 花(ふぁ)    神奈川県

嘗て「NHK短歌」に著名人
関川夏央は
「朝日歌壇」の三者共選の
朴貞花の歌は嘘だと―――

2チャンネルに早速
朴貞花は嘘つきだ――
「NHK歌壇」「未来」「朝日歌壇」に
資料と書信を送るも無視された恐怖。

「新日本歌人」に             (2003年8月号 短歌時評「前衛短歌」考)
田中礼さんの反論が載り
入会を薦められ
唯一の救い・拠り所となった

[新日本歌人』入会を友人に勧め、 
恐怖で歌が詠めなくなった私が
入会出来たのは五年後――

過去を水に流す優しい人々
御上の戦争責任を問わず
加害責任は曖昧のままに

地震国日本に
原発を五十基以上
福島に原発事故だ

怒りを抑えられなかった
抒情に浸るだけで良い筈はない――
歴史の真実を具体を伝えたい

名指しで俎上に載せ
捌き続けてきたのでしょうか?
異端・朝鮮人の朴貞花を
追放する作戦でしょうか?

☆2014年6月号に、「月集」に選ばれた私の作品に、選者からの推薦作品とされているので掲載したが、議論が必要ではないかと、編集長が「あとがき」に書いた。
その後1年以上の間これについて、誰も意見を出す人はいなかった。
私は、私ばかりでなく選者に対しても無礼なことと思った。意見の言える場所がないので作品で答えたが、私の意図は通じなかったようだった。
この編集長の言葉が出た後には、私の作品は無視されている状態であった。私の被害妄想かも知れないが、誰もが空気を読んだのであろうと感じた。
 
1年3か月の後に、投稿もしない人が意見を述べる考察とやらが掲載され翌月にも似たようなものが掲載された。そこに私は悪意を感じてしまい、上記の作品を投稿した。

入会しているこの「新日本歌人」を私は信頼していた。何か月も前に出来上がっていた作品を投稿しないでいたが、出せずにいたのだが、会誌が創設されてから70年になる。個人名を出して糾弾したことがあったのかと言いたくなったのだ。

拉致問題で在日が苦しめられたときに私の朝日歌壇への投稿作品に対して、著名人の関川夏央に批判されたことが思い出されたのだ。
私の作品を認めて下さり応援して下さった選者に対して、迷惑をかけることになるのかとも思った。脱会するにしても言うべきことは言って脱会しようと決意した。反応はどうなるのかわ分からない。
その結果を見るまでは投稿をを続けることにした。

☆ある人が一つのことを成し遂げるのには「チバン・カバン・カンバン」が必要なのだと言っていた。出身地・金・著名であることの後ろ盾が必要だと。そうなのかもしれないと思った。
昨日、川崎からヘイトスピーチを失くそう。大阪のようにヘイトスピーチ抑止条例を成立させようとの集会に出席した。

私の息子は横浜は国際都市だからあまり外国人だと言ってもあまり気にしないと言っていた。
けれども、その中身は全く違っていた。

関川夏央の言葉が「2チャンネル」に流され、短歌も詠めなくなった私は、一人暮らしは危険であると30年余を暮らした土地と家を捨て、横浜に移住して12年になる。選挙権のない私には、暮らしに直結する現政権に対する私の意思表示は出来ない。何年もの間選挙があるたびに、選挙率の低さに腹を立てていた。

けれど、昨年は市内で行われる安倍政権は許さない集会があると知った時には一人で出かけていた。
何もできないがデモに参加することで自分の意志を行動に表したかった。見知らぬ人々の中で、一緒に声を挙げながらも、虚しさが募るばかりであった。たまたま隣の女性と話すことになり、朝鮮人が選挙権がないことも知らないのであった。3万人が集まった日もあったが、私達在日朝鮮人に選挙権がないことをどれだけの人が知っているのだろうかと思っていた。

新聞で川崎のハルモニ達が街に出て声を挙げて、ヘイトスピーチに抗議している姿に感動した。
昨日の川崎のハルモニ達と繋がっている三浦知人さんの話を聞いて、ハルモニ達が街へ出て声を挙げられたのは、朝鮮人と近隣の日本人の「70年のつながり」があった為であることを知った。
70年間の積み重ねがあって初めて出来たことであったのだ。

何もない、見知らぬ土地でお金もない著名でもない、たった一人の無力な老女が抗い続けている姿の私であることを再認識した。私の出来る限界は目に見えている。唯一の慰めである「新日本歌人」でのささやかな歌作りも危ういものになってきた。このようにブログを書き続けていても読む人もなく、むなしい独り言の自己満足でしかないのだ。

両親が私の為に建てて下さった50坪の一戸建てを半年も住まずに家出をして、現在に至る。
上京した時から、家の束縛から解放されて、自分の意志で生きると決めた時から、本名の名刺を作り、「本名宣言運動」を始めた。その頃は本名で読んで欲しいとの思いで自分の名刺を渡していた。

現在は、朝鮮人のことを知って欲しいと思い、ブログ名を印刷した名刺を渡して「ブログをーーー」と言っているが、殆どの人が読んでいないようだ。コメントがないのは読んでいないからだと思っている。

f0253572_12194598.jpg


f0253572_12242598.jpg

○一番親しい友人でもある孫である。

by pcflily | 2016-01-24 12:24 | 『新日本歌人』 | Comments(2)  

十億円で最終的不可逆的解決とは許せない

「新日本歌人」投稿作品    4月号原稿

十億円で最終的不可逆的解決とは許せない   朴(ぱっ) 貞(ちょん) 花(ふぁ)   神奈川

十億円は賠償ではない
少女像を撤去し
最終的不可逆的解決と岸田外相

十億円とは米国から買うと決めた     (2015,5,5・米国防相発表)
オスプレイ十七機の三千六百億円
一機、二百十一億円の
二十分の一にも満たない

ハルモニ達は
日本の法的責任、
賠償と謝罪
真相究明を求めている

血涙のハルモニ達が
名乗り出た神聖な勇気
名乗り出られない
生死不明の数多の女性がいる

戦争被害女性の問題は
世界の女性の
普遍的な人権問題
世界的課題だ

米国の対中政策
日・米・韓軍事一体化の
強化に与した政治的合意は
被害者への残酷な人権蹂躙・侮辱だ

一月六日の水曜集会は
二十四周年、千二百回目
良心の一片もない合意を
誰が許せるだろうか?

少女像を守る老若男女
厳寒の昼夜を徹して守る若者
世界の彼方此方で抗議が続いている
十二月二十八日の合意は撤回すべきだ

○日本の法的責任と謝罪と賠償をひたすら待ち続けているハルモニたちは次々と高齢と病気で亡くなっていった。写真はハルモニ達が身をよせあって暮らしている「ナヌムの家」を訪ねた時に映した。
ナヌムの家の庭にハルモニ達の彫像や墓地があった。
f0253572_2321041.jpg
f0253572_234223.jpg


☆年末からの体調不良と年初からの風邪が治りきらず、出かけるのをやめようとしたが、今日はどうしても行きたい集会と講演が重なっていたので無理をして出かけた。

13時より  「川崎でのヘイトスピーチを許さない。{オールかわさき}市民集会}
         辛淑玉さん のりこえネット共同代表
         金哲敏さん 弁護士 東京弁護士会所属

18時より  関東大震災時朝鮮人虐殺の事実を知り追悼する神奈川実行委員会総会

19時より  戦中・戦後の川崎のハルモニ達の暮らし
       川崎南部の在日朝鮮人集住地域の歴史
        三浦知人さん  社会福祉法人青丘社事務局長
追記
2016年1月24日の朝日新聞の「著者に会いたい」のコラムに金恵京さんの言葉が載っている。
日韓国交正常化50周年の昨年末の慰安婦問題について、「これまでを思うと大きな進展。今後は互いに合意以上のことを求めてはならず、云々」この言葉に私の怒りは爆発した。
韓国人の女性が韓国のハルモニ達が何を求めて何十年間を闘い続けてきたことを、この女性は知ろうともしなかったのだとおもう。日本に迎合して本を売り利益を得ようとするのか?自分の利益だけを考える、自分の立場とお金がすべてと思う人間なのだと思ったことだ。

by pcflily | 2016-01-23 23:04 | 『新日本歌人』 | Comments(1)  

雪で清めたい

f0253572_22272879.jpg

○今朝の雪景色

☆天気予報の通りに雪が降った。
朝いちばんに見る東側の窓のカーテンを開けると、昨日とは打って変わって真っ白だ。
嫌なことが続いているので、この雪が清めてくれるかもしれないと嬉しくなった。

沖縄の佐喜眞美術館の佐喜眞道夫さんから、2月28日までの展示についてのお知らせが届いた。
ケーテ・コルヴィッツ・浜田知明・草間彌生・丸木位里、俊の作品だという。
残念だが、沖縄まで出かけることは出来ない。3月3日からは沖縄の作家「山城見信展」を開催という。

いま、この国の政治を見ると、なんとしても戦争をしたがっている様に見えます。原爆の広島から地上戦の沖縄戦まで考え続けていた丸木位里・丸木俊は、『もしこんど戦争をやったら日本は、もはや取り返しのつかないことになってしまうだろう。だから戦争のことを一番知っている沖縄の人々からしっかり学ぶ必要があるのだ。』と実に誠実に学び続けました。今年も「沖縄戦の真実」を子どもたちに伝えていきたいと思ています。と綴られている。

私の知り合いの方々は、どなたもこのように、日本の現状を憂い、戦争を止めさせようとしている。
ところが、マスコミは安倍政権の手足のような報道をしている。穏やかな日々が送れない。

f0253572_22245338.jpg

○10日前のたそがれ時の富士山

by pcflily | 2016-01-18 22:27 | アリランエッセー | Comments(0)  

東京朝鮮高校・東京都代表に

f0253572_21455378.jpg
f0253572_2145767.jpg

二月号原稿

東京朝鮮高校・東京都代表に     朴 貞 花       神奈川県

創部以来四〇年
公式戦出場が認められたのは
二一年後の一九九四年
決勝戦は五度目の挑戦

東京朝鮮高校が
ラグビー東京都代表に――
秩父競技場は喜びに溢れて

朝鮮学校を敵視の日本政府
高校無償化排除まで
減り続けた学校と生徒

マイナーなラグビー部に
先輩と父と母と数多くの日本人と
支え続けた吾子の一五年余

独り居のあの日が蘇る
テレビの中に吾子が居て
東京朝鮮高校ラグビー部の
コーチだと――

何も知らずにいた――
驚きと喜びが私を震わせ
子への信頼を得た

中学から大学まで
日本の学校を選択した息子に
不案感を抱いていた――

東京朝鮮高校ラグビー部の
ノンフィクション、子の著書
『青き闘球部」を紐解きつつ
涙一粒、ほろり――

☆息子がラグビーの話をしても、あまり真剣に聞けなかったが、孫の話となると真剣になる。東京朝鮮高校からラグビーをはじめて帝京大学に入った孫は、今年の春に卒業する。就職も内定したと電話があった。

小学校2年になった孫もラグビーが大好きなので、テレビの試合を一緒に見て楽しむ。
孫は父親の後を追いかけるので、私との時間がどんどん少なくなる。せめて、家でテレビを見る日には一緒にいられる。

昨日は、年間王者を決める準決勝のパナソニックや神戸製鋼、ヤマハ、東芝の試合を、秩父競技場に行ってきた。五郎丸も見たと大はしゃぎであった。ラグビーボールにサインをしてもらったのを見せてくれた。

☆風邪で咳が続き、喉を傷め、とうとう声まで出なくなってしまった。老化現象なのだろう、なかなか治らない。雪国育ちなのに寒さに弱い。小さい時から外に出ることが嫌いだった。運動にも縁がなかった。
散歩が大切と言われるが、1日15分の散歩も出来ないのだから弱っていくのは当然だと思いながら、何もできない。

関東大震災時の子供の作文を読む会も、ずっと欠席だ。せっかく出来た胡蝶蘭の蕾も落ちてしまった。嫌なことは続くのかと思ってしまう。

by pcflily | 2016-01-17 21:47 | 『新日本歌人』 | Comments(0)  

加害は忘却の彼方に

一月号原稿         「新日本歌人」

加害は忘却の彼方に    朴貞花   神奈川県

日・独・伊三国同盟の
ヒトラーは自殺
ムッソリーは処刑され
現人神は人間に変身

敗戦後の独逸と伊太利
責任者は死亡
国旗・国歌を替えたという

君が代・日の丸・旭日旗
天皇に頭(こうべ)を垂れる
父を夫を子を孫を奪われた人々

靖国に詣で
被害の悲しみに浸る
加害は忘却の彼方に

武器3原則を廃止
軍需大国と
戦争の出来る国への復活

七〇年を経ても猶
朝鮮と国交を結ばず
加害を忘れ
拉致被害ばかり

米国に忠誠の
安倍政権選んだ
歴史忘れた優しい国民

違憲の声無視の
独裁政権羽搏く
「一億総活躍」吹聴し

☆「新日本歌人」への投稿歌だが、全部が掲載されることはめったにない。どれを落とすかはすべて選者に任されているからだ。
上記の作品の場合は、3連目と2連目が削除されていた。

f0253572_21452792.jpg
f0253572_2146588.jpg

by pcflily | 2016-01-16 21:19 | 『新日本歌人』 | Comments(0)  

怒りが収まらない

f0253572_1572066.jpg
f0253572_1531249.jpg
f0253572_14594125.jpg
この怒りを、どう対処したらよいのだろうか? (pcflily)

2016-01-03 20:22:24

朴大統領は女性だから、少なくとも、慰安婦問題はきちんと解決してほしいと願っていたのにーーーー。

何たることか?
少女像の撤去とか、10億円とかの言辞が出ただけでも許されない。

一昨年、昨年と李容洙オモニに会ってきた私としてはオモニの怒り悲しみがいかほどであろうかと思うと、胸の痛みに耐えられない。

父親の朴正熙大統領と同じく「金」で民族の心、自尊心を大きく傷つけた。

こんな形で新年を迎えなければならないことにどう対処したら良いのであろうか?

これは何時も読ませて頂いているブログ「三千里鉄道」に書いたコラムだ。
昨年の安倍首相の「70年談話」への怒りが収まらずに身を持て余しているのに、なんたることか、こな形で慰安婦問題に決着をつけようとしたとは、開いた口が閉まらないばかりでなく、どう対処したら良いのか益々分からなくなってきた。

10億円で平和の少女像の撤去を要求しているという。
「三千里鉄道」の記事によると日本政府がアメリカより「オスプレイⅤ22B機を17機買うことになっているという。これの金額は約3600億円で1機あたり211億円、10億円は1機の20分の1に満たないという。

被害者を抜きにした韓国と日本の政治的決着とかであろう。性的奴隷制度であった拉致、暴行、強姦
戦場への放置が、10億円で、「不可逆」等と終わりに出来るはずがない。

韓国では少女像を守ると大学生が、この真冬の寒さの中で夜を徹して座り込みをし、守り続けており、仕事のある一般市民も温かいものを届けたりしているという。
この1月6日は水曜集会の24周年であり1000人もの人がさんかしたという。

f0253572_14563383.jpg

唯一の慰めになっている花を育てること、冬は室内でできる胡蝶蘭に私の情を全てかけているのに
急に入った夜の電話を受けようとして、1年間の手入れでようやく蕾を持った茎を折ってしまった。
手前の方が折れた花苗。悲しいかな決してもとには戻せない、覆水盆に返らずだ。
花だけを相手にしているので、一人で花占いをするのだけれど、今回も有難くないことに当たってしまった。次の日の朝の新聞、テレビは北朝鮮の水爆実験の話ばかりであった。私のパソコンまでもが動かなくなってしまっていた。
ブロッコリーに小さな蕾が見えるようになった。食べられるまで育つだろうか?昨夏のキュウリは三本だけの寂しい収穫であった。

by pcflily | 2016-01-07 15:07 | アリランエッセー | Comments(0)  

孫との時間。

冬休みに入って、初めて小学二年生の孫と半日遊んだ。歩いて15分程の距離なのにめったに孫と接する時間を取れない。
保育園に通っていた時には、一緒にランドマーク、山下公園、図書館、地域のコミュニテイハウス、プールなどを巡り歩いたものだった。船に乗ったり、回覧車に乗ったり大道芸を見たりと楽しんだ。
小学生になってからは、忙しいらしく、ともに過ごす時間が殆んどなくなってしまった。

たまにしか会えない中で、ハングルを学ぶ時間を30分ぐらいとることにした。今日は基本の母音と子音、促音と撥音を読めるようになっていた。定期的に月に1度ぐらいはハングルを教えたいのに、ラグビーに夢中で時間ができれば、ラグビーに関わろうとする。
それにしても、喜んで学ぼうとしているわけでもないのに、読めるようになったことに驚いている。
やはり、子供は記憶力が良いのだろう。
f0253572_19221711.jpg
f0253572_19231034.jpg
f0253572_19253756.jpg
f0253572_1933270.jpg
f0253572_1935874.jpg

by pcflily | 2016-01-04 20:34 | アリランエッセー | Comments(0)  

2016年、新年となったけれどーーーー。

f0253572_791928.jpg
f0253572_21101278.jpg

2015年12月31日最後の夜の月のそばに、星が光っていた。
最初は飛行機かと思ったがいつまでも動かない。明るい月のそばに三つの星が光っていた。私のカメラでは、映しきれないと思ったがシャッターを切った。拡大すると見えたが一つの白いものになってしまった。船の汽笛での除夜の鐘を聞こうと待ち構えていて、この月と星を見ることが出来た。

f0253572_21818100.jpg

朝日が昇った。2016年の初日の出だ。早起きして晴れた朝には何時も見ることが出来るけれど、やはり新年に変わる刻だと思うと、少し感傷的になる。
あまりにも朝日が強い光を出すせいなのか向いの屋根の上に赤い円になって映る。

f0253572_216176.jpg

順番が逆になってしまったが、こちらの写真が初日の出の昇りはじめだ。この日の出の直前の空の青が一番好き。本当に短い時間で過ぎてしまうのだけれどーーー。立山に行った時の雨上がりの虹との空の青さを思い出す。

☆この暮れのニュースとして騒がれた慰安婦問題の解決という新聞やテレビの内容を聞かされる度に、怒りが込み上げて来て穏やかにいられなかった。

平和の少女像の撤去とか10億円の言辞を聞いただけでも、あまりにも酷いことになったと、私の胸は煮えくり返る。
安倍政権は70年談話を言葉を操り玉虫色でごまかしたが、性懲りもなく、堂々とこんな解決法を使うとは許せない。

朴大統領も就任してからの言辞と行動に許されないことばかりしているが、その中でも今回の問題は最悪である。同性として慰安婦と呼ばれたハルモニ達の願いを聞き届けてくれるように願っていたのだが、所詮はあの朴正熙大統領の娘である。

10億円で解決とは何事であろうか。10億円はあの悪名高いオスプレイ一台をアメリカから日本が買うときの20分の1に満たない金額だという。

その上不可逆とかの言葉も飛び交っている。どこまで日本の安倍政権に韓国の朴大統領は貶められていくのだろうか?父親の朴正熙と同じく、祖国を売っているのだ。

暮れからのこの問題についてイライラが募り、抑えられなかった私はおめでとうございますなどと年賀状を書く気にはならなかった。1枚も書かないで年を越してしまった。

一日は息子家族、二日は娘家族が来て歳拝の挨拶を受け、食事を共にして楽しんだりしてしていたが、それぞれが自分の場所に帰ってしまい普段の生活に戻ったので、一日、二日、三日と届いた年賀状をそのままにしておくわけにもゆかず、今日は返信を書くための一日を過ごした。

by pcflily | 2016-01-03 21:54 | アリランエッセー | Comments(0)