人気ブログランキング |

<   2015年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

オモニの一周忌で訪韓

f0253572_10243678.jpg

f0253572_19065545.jpg

陰暦で行うので、オモニの祭祀は今年は5月18日と19日に行われた。
アボジの養子夫婦が亡くなってしまったので、その子供、アボジにとっての孫にあたる人が祭祀を執り行う。姉妹5人が韓国に行った。
祭祀は生きていた日に行うことになっており、翌日はオモニの納骨堂にお参りし、アボジのお墓にも,ご挨拶のお参りをしてきた。何時まで、韓国までには行けるのか、分からないと思いながら、甥の指示通りに、朝鮮式の祭祀を無事に済ませた。
出かける前から、熱をだし、病院の薬持参であった。疲れが酷かったのであろうか、薬の効果は全くなくて一晩中咳き込み、一睡も出来ない夜が続いた。それでも、在韓中は、予定の事をこなすのに必死で動き回った。帰宅してからは、何も出来ない日が続いている。

○ソウルに戻り、夕食は宮廷料理、5女の妹のおごりであった。写真を撮ることを忘れ、帰り際に玄関近くでの一枚。
f0253572_21141819.jpg

☆翌日の20日は、駐韓日本大使館の前で行われている日本政府への抗議の水曜集会に参加した。日本の『9条連』は毎年1回韓国まで出かけて、ハルモニ達と共に示威行動を続けている。私はこの9条連の人達と行動を共にした。今回は、二度目である。オモニの祭祀が終わった翌日が、偶然に、水曜日であったので、オモニの参加しなさいという思し召しであると、思ったのである。
妹達も誘ったが、ニュース写真に写り、日本で見られたら、被害を受けるかもしれないと恐れ、行動を共にしたのは一人だけであった。
安倍首相の最近の発言は在日の人達、皆に恐怖心を植え付けている。韓国のタクシーの運転手さんも、食堂の伯父さんも、日本から来たと言ったら、安倍は酷い男だと話していた。殆んどの韓国人が安倍の行動を注視しているようであった。
f0253572_11111205.jpg

○「戦争と女性の人権博物館」で。李容洙さん(前列右から3人目)は安倍首相への抗議の為に訪米し、疲れていらっしゃるのに参加して下さり、昼食も夕食も一緒に参加して下さった。
f0253572_11214421.jpg

○戦争と女性の人権博物館を訪ねる道の壁面に描かれているハルモニ達の絵。
f0253572_21204729.jpg


次の日は、韓国国立中央博物館で開館時間から、閉館時間まで、じっくりと観賞して歩いた。誰でも何時でも、無料で入ることが出来、写真撮影も自由である。フランスのオルセー美術館等も写真撮影が自由であった。どちらも、心の広い民族なのであろうか?
日本では写真撮影は出来ないと思う。この博物館は4度目なのだが、私にとっては飽きることが無い、新しい発掘も沢山あるから、韓国に行き時間が取れたら、又行きたいと思う。
金製品が多いので、嘗て西洋の探検家が日本を黄金の国と言ったそうだが、それは朝鮮であったのではないかと思ってしまった。金の王冠や装飾品等新しく発掘されたものもある。
旧石器時代から朝鮮時代まで。書と絵画、陶磁器、彫刻、工芸,アジア館と時間は足りなくなるばかりであった。
○朝鮮から日本に来るときに、両親が持って来た食器と同じものがあったので、思わず、シャッターを切った。博物館に置いてあるという事は、それ程古い時代から使われていた食器なのであろう。金の純度(16,5k)の金のを使用したと書いてある。
f0253572_22031111.jpg


by pcflily | 2015-05-29 18:32 | アリランエッセー | Comments(2)  

朝鮮王朝最後の皇女 李徳恵

朝鮮王朝最後の皇女 李徳恵   5月号

掌中の珠と愛された徳恵、

六歳の皇女を遺し生を断たれた

皇帝高宗の無念を想う

日本人化政策の

日本への強制留学

振袖姿で十二歳の徳恵

抵抗の術は

無言と無表情だけ――

朝鮮民族の

アイドルの徳恵皇女

生母の死の

服喪も許されず

二日後は渡日させられた

朝鮮王朝の血の消滅、

日・朝一体化のシンボルと

勅許による強制結婚

十八歳の李徳恵と対馬の宗武志

十五年の結婚生活と

一人娘の失踪

そして、十六年座り続けた

精神病院の独居房

帰国の叶った

五十歳の徳恵は 

すでに感情を失くした

生ける屍――

アジア各地に

大日本帝国が剥いた牙

徳恵の悲劇は

彼女一人のものではない

今もなお

牙を磨く輩がいる

Commented by pcflily at 2015-06-10 16:55 x
「徳恵皇女の服飾7点が韓国に寄贈」2015年6月10日、中央日報、朝鮮日報より
離婚した宗武志が、徳恵皇女の衣服などを、英親王(李垠・方子)夫妻に送り返した。夫妻は現文化学院に寄贈し、後に文化学園服飾博物館の所蔵となった。
日本に留まっていた当時に残した宮廷礼服,唐衣やスランチマ、普段着など50点ある。そのうちの服飾7点を、韓国に寄贈する。


☆慰安婦問題も侵略の謝罪もなかった。
まさか、まさかと思っていたが、安倍首相には狂気の思想が浸透しているのだ。
かつて、オバマ大統領の当選に喜んだのに、所詮はアメリカの覇権主義を考えるだけなのであった。世界のあちこちで、空爆で殺人をする国なのであった。その忠犬となり、国民の命を殺めることを約束する日本国の首相なのである。

f0253572_20502859.jpg
○オーシャンブルー、わが家も薔薇の季節になった。つる薔薇はあまり虫が付かないので育てやすい、空中で何時も元気にたくさんの花を咲かせてくれる。

○ローズゼラニューム、小さな鉢植えから、挿し木したら私の背丈を越してしまった。 
f0253572_20554430.jpg
f0253572_20532650.jpg
○もみじの2センチほどの苗木を裏の空き地で見つけて、門柱の後ろに植えた、太陽の光も届かなかったのに、10年も経たないのに屋根に届くまでに育ってくれた有難い。小さな可愛い花?も見せてくれる、秋には紅葉する。西向きの玄関なので真夏に日除けの役目を果たす。


by pcflily | 2015-05-05 21:21 | アリランエッセー | Comments(3)