<   2015年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

アボジの土葬の願いと朴家の墓

十月号原稿      二〇一四年

アボジの土葬の願いと朴家の墓地           朴 貞 花   

土葬に拘り続けた               )

アボジの儒教思想

朴家の子々孫々を守る 
   風水説に則った墓地

遥かに空と森と裾野に続く田畑

木々に囲まれ鵲の啼く小山に

並列に並んだ土饅頭と石碑

祖国統一を信じていた一九八〇年

分断五十年の一九九五年

母国への自由往来なく         

日本に墓地を購う

石碑には朝鮮地図

生地と渡日の事由を彫り込んだ


癌宣告を受けたアボジ

祖国の土になると

妻子を残し帰国

一九九九年・春の花時に逝き

旧来の土葬の葬送


見えぬ統一は私に

韓国籍を取得させた

二〇一四年・春

オモニも黄泉の国へ

土饅頭の墓にと訪韓――


土葬が禁じられて

オモニは墓地に入れず

朴赫居世一族の

新設の納骨堂に安置

f0253572_15413548.jpg

抱き続けた夢

祖国の土になること

最後の願いも

母国に覆された

国家に民の心は届かない

f0253572_15444595.jpg
○小高い丘の斜面に、用意されたアボジとオモニのお墓。子供の為の墓地の為の土地も用意されていた。
 饅頭型に二つ並んで土盛りがしてある。アボジの葬儀の時に初めて知ったのだが、男性が立った姿よりも深く 深く掘られていた。そうして、アボジの遺体は、飾りを沢山付けた棺のままに遺体は大切に葬られ、再び饅頭型に土を盛る。アボジの葬儀は、現在は、殆んど見られない伝統的な儀式を守って行われた。前夜は一睡もさせてもらえず、遺体を囲み、何度か遺体の周りを杖を突いて、回った。その度にお酒を捧げ、朝鮮式の大禮をした。長老が挽歌を謡う。
墓地に遺体を送る時も、部屋の中と家を出てからも膳を調え、儀式を行い、輿は驚くほどに派手に花で飾り立てられていた。墓地への葬輿の道筋で挽歌を謡い、途中で何度も休む、それは死者が行くのを嫌がっているという意味と、そんなに早く行かせたくない残された人達の心を表しているのだろう。
墓地に着いてからも、遺体を納めてからも、同じように儀式を行った。死者への労りの祈りは驚くほどに丁寧に行われた。
本家のお兄さんは自分が居なくなったら、取り仕切れる人がいない。この様式では出来なくなると話していた。
アボジが朝鮮の故郷の土になると言い、お墓に拘った意味が理解できた。

f0253572_16102389.jpgf0253572_16111946.jpg 

○予報通りに雪が降った。左は朝の6時20分頃、右は午前10時30分頃。
雪国の会津が記憶にある故郷だ。子供の頃に意味も分からずに、覚えた初めての朝鮮の歌が「故郷雪・コヒャンソル」。

その時代には何処の誰とも知らない人が、我が家に働きに来れば、家族と同じに寝床と食事ばかりでなく、酒も出してあげた。その様にして働いてくれる人達がいてこそ、請け負った仕事を完成させることが出来たのだった。、オモニは彼らを大切にして、子供たちはその残りのもので、食事をした。我が家にとって、どんなに大切な人達であるかという事も、子供たちに言い聞かせた。今になって、思う事は、若い朝鮮人が帰国できない儘に、こうして仕事を探し続けていたのかと思う。家族のいない人たちが住み込みで働いていたのであろう。ちなみん私は、その習慣が身に付いてしまったのか、訪ねてきた人は誰でも、家の中に招き入れてしまうので、危険だと注意されることが往々にしてあった。
その様な人の中で、後に姉の夫になった人がいた。お金が入れば殆んどつぎ込んだのではないかと思うほどに、蓄音機とレコードを買い込んでいた。
この人は私に、卓上ピアノとハーモニカを買ってくれた。家族に気に入って貰おうとしていたんだと、今になっては思う。
姉の夫、我が家の入り婿になってからは(朝鮮では入り婿制度はないが、姉と結婚して父の仕事を引き継いだ)、蓄音機も豪勢に大きくなり、大きなスピーカーを廊下の外に下げて、村の人達にも聞こえるようにしていた。
その頃の田舎では、村の青年たちの楽しみは、冬になると部落ごとに、村芝居?演芸会をすることであった。芝居、舞踊・歌謡ショーなどもしていた。どの部落からも我が家にレコードを借りに来ていた。そのお礼にという事で、小学生であった、私は駆り出され、大人と一緒に女役で踊りを踊った。紫の御高祖頭巾をかぶり「お島・仙太郎」日傘を持って「野崎参り」や「湯島の白梅」「裏町人生」等が思い出される。長じて、お酒に酔うと、踊り出す癖があったのは、その頃の事がインプットされていたからだと思う。
朝鮮の歌もたくさんあった。「故郷雪」は、いつの間にか歌詞まで覚えていた。結婚をして、子供も生まれたころは同胞の集まりが、度々あり、或る日、名指しをされたときに、同胞の中でのことだったからと思うが口から出たのが「故郷雪」であった。自分でも驚いたが、周りの人達はもっと驚いていた。
「韓国歌謡史」朴燦鎬著によると、1940年代の、日に日に戦雲が拡大していく中で「故郷雪」は知識人・学生を初め広範な民衆に愛唱された、とある。私がこの歌を聞いたのは、日本の敗戦後の事であるが、子供心にも、哀愁に満ちたこの歌のメロデイーに惹かれたのであろう。泣き虫の私にはぴったりの歌であり、今でも大好きな歌である。

降りやまぬ雪にふるさとも埋もれいむベッドのオモニと歌う「故郷雪」    馬場あき子選   朝日歌壇

評 今はベッドに寝るだけの母と、去ってきた韓国の雪を思っているのだろう。「故郷雪」はコヒャンソルと読ませている。第一首の作者も幼い日に、母に抱かれて日本に渡ったままだという。 

  故郷雪    歌 白年雪  作詞 趙鳴岩   作曲 金海松   韓国歌謡史に

 ひとひらの雪を見ても 故郷の雪
 ふたひらの雪を見ても 故郷の雪
 夜更けて降りしきる 雪の中に
 故郷を呼んでみる 故郷を呼んでみる
 若き悩み

 袖に降る雪も 故郷の雪
 頬に舞う雪も 故郷の雪
 他郷は馴れぬが 雪は馴染み
 故郷を思いやる
 若き溜息

 これをつかんでも 故郷の雪
 あれをつかんでも 故郷の雪
  降っては溶けゆく牡丹雪に
 故郷を写し見る
 若き胸よ




[PR]

by pcflily | 2015-01-30 17:17 | アリランエッセー | Comments(3)  

福沢諭吉の公言

   七月号原稿    二〇一四年

福沢諭吉の公言           朴貞花

「天は人の上に人を作らず
 人の下に人を作らず」と言えり
かつて私を慰めた文言であった――

士族の血統の保存に
 富者には高尚な教育を
百姓・町人は豚の如きもの
 貧者の教育は抑制を――

貧者に移民を奨励
社会主義に目覚め 
 富者を害する
貧民に教育を受けさせるな

学問は男子に及ばぬ
 女性は家事・育児を
子供は父母の教訓に従うのみ
自由恋愛と離婚は
 動物のする行為だ

 廃娼運動の中
公娼制の必要性と
娼婦の海外『出稼ぎ」を推奨

 新聞の発行と著作で
天皇制による国民の洗脳を奨励し
アジア蔑視の武力侵略を先導

天皇と富者の為に
国民を犠牲にした近代日本
強兵富国の福沢諭吉精神は
今もこの国に生きている

戦争の出来る国
「日本を取り戻す」と
 路地のおちこちに
安倍晋三首相すまし顔
戦争責任問題は放置のまま

☆福沢諭吉の変質した後半の醜い姿や、このような言葉は知らない人が多いのだろう。歴史問題も真実を知らせないように。
日本で偉人と尊敬されている人は、いずれも、どうして、こんなに私には納得の出来ない人ばかりなのだろう。本当に悲しくなる。
○前々回にブログに載せようとしたこの作品が、何故かどこかに飛んでしまっていて、
近代日本の「賢者」福沢諭吉を読むが載ってしまった。訂正の仕方が分からないのでそのままにしておいた。

○一人暮らしには野菜を新鮮なままで始末するのは難しい。じゃがいもは保存がきくので余分には料理しいない。残っていた一個でお味噌汁を作ろうとしたら、にっこりと、この顔で笑いかけられ包丁が入れられなくて、カメラに収めた。実物の方が笑顔に見えるのに、写真は余り笑っているように見えないので残念。
f0253572_18271460.jpg


○明け方、あまりに明るいので外に出てみたら、月と明けの明星が輝いていた。家の中にまで差し込むような明るい月の光であった。私のカメラでは、分かって貰えないかなあーーー。
f0253572_18244157.jpg

[PR]

by pcflily | 2015-01-24 18:42 | アリランエッセー | Comments(2)  

涙は残っているけれど

九月号原稿      二〇一四年

涙は残っているけれど    朴貞花      神奈川県

内でも外でも

泣いてばかりいた     

涙はカタルシス

泣くことで耐えてきた―― 

  

アボジもオモニも

日夜を問わず働き続けていた  

チョーセンと呼ばれる人達   

善良で優しかった

チョーセンとは何か?

嘲笑するのは何故?

何処から来たのか?

此処にいるのは、何故?

  絡まっていた糸が解れた

初めての母国訪問墓参団

朴家・金家の親族を巡る旅

-

アボジは新羅始祖王

朴赫居世の後裔

オモニは秀吉の侵略時に帰化した

日本人・沙耶可の後裔


私の中に流れていた

日本人の血――

「関心を持ち、学ぶこと、知ることが

和解と真の共生に繋がる」

師の言葉――-

小器用な上手な歌はいらない

今、歌うべきものを、

本当のものを、恐ろしいものを歌え

弱いものを差別し

型からはみ出すもの

異質なものは拒む

俎上の鯉は生きられない――

涙はまだ残っているけれど

☆ この歌は、選者には理解されなかった。私にとっての一番大切な言葉は落とされていた。

f0253572_17484146.jpg
○オモニの還暦の祝いの日の記念写真のアルバムの中から
1975年6月22日(陰暦)新暦の7月になる
子供を連れて家出の上京後、4年目の初夏にオモニの還暦の祝いがあった。父母の怒りも解けて、親子三人で久しぶりの実家訪問であった。子供たちの父親はすでに亡くなっていた。
アボジの還暦の時は、オモニと一緒に上京し、アボジとオモニの寿衣、娘7人の白衣の喪服を新調した。朝鮮では還暦が過ぎれば親より先に逝っても、親不孝にならないと言う。
アボジの還暦祝いは、近くの料亭で行われたが、家を建て替えたばかりなので、オモニの時には、実家で行われた。
私は記念に何を出来るかと考えたが、借金を抱えての営業を始めていたので、金銭的なことは何も出来ないので、オモニの事などの短歌をいくつか詠んだ。書を得意とする妹がいたので清書してもらってその日に、読みあげた。ところが祝いの席であった筈なのに、朝鮮語で言えば、「涙の海」になってしまった。私の短歌で、思い出話が始まったのだが、辛かった日々を思い出し皆が泣き出してしまった。誰もが、お酒を飲んでいたことも有り感情的になってしまったのだろう。
又、思いがけないことに、朝日歌壇に投稿してあった歌が、2首も入選していて、その新聞を持って行った。(手元にないのはその為であろう)まさか入選するとは思わなかったのに、嬉しかった。こんな時には、心を清く持っていれば、神様が守ってくれると思ってしまう。

密造酒、闇米、養豚幼きわが関わりしこと幻なるか  宮柊二選

密造防止に母は捕われ妹は習字展にて賞を受けにき  近藤芳美選

同じ日に2首入選している。7月第4回 朝日歌壇 年間集

その時の短歌はこの2首だけでないのだが、その他は残っていない。オモニが亡くなったので実家を壊すことになり遺品を整理する為に約20年ぶりに実家に行った。探してみたのだが、見つからなかった。残念。





[PR]

by pcflily | 2015-01-22 18:43 | アリランエッセー | Comments(2)  

近代日本の「賢者」福沢諭吉を読む

六月号原稿   (月集に)   二〇一四年

近代日本の「賢者」福沢諭吉を読む    朴 貞 花    神奈川県

「愚民を籠絡する欺術は天皇制の確立」

強兵富国と戦争支援に熱狂し

兵士の幸福は国の為に

財のみならず一命を擲つこと――

社会主義運動を生む故          

貧民に教育させるな 

農民は愚民・馬鹿者・賊民と罵り

移民・低賃金勧め、女性差別は

娼婦を「鬼女・醜物」とて海外出稼ぎを勧めた

「圧政も我身に受くればこそ憎むべしと雖も、

われより他を圧政するは甚だ愉快なり」

陸に幾十万、海に幾百艘、

地球上に日本艦、東洋の全面を覆う

則東洋一の強国こそ日本の未来像――

朝鮮の事変こそ幸いなれ、

何卒此一挙に乗じて

日本を帝国主義大国に仕立て上げれば

将来『快楽』『愉快』報酬」が得られる

徳富蘇峰の批判

「浅薄、進歩の敵、主義の敵、無主義の天国」

吉岡弘毅は「日本を強盗国にする」

日の出新聞は書いた

法螺(ほら)(ふく)沢・(うそ)(ゆう)」 

             

「豚尾兵・悪獣・乞食・チャンチャン・無廉恥」

「無礼の老大国、無神経の頑物」等と罵倒し侮蔑した

「アジア蔑視観形成と侵略の先導者」は

アジアに二千万の死者を生んだ―――


最高額紙幣一万円札の肖像

「近代日本のお師匠様」

福沢諭吉の形成した

愚民観とアジア蔑視は

今もなお この国の姿勢を示している

☆年が明けても、明るいニュースを聞けない。
先ず、大きく紙面を飾っていたうちの一つ、2015年の大河ドラマ「花燃ゆ」は私の神経を逆なでた。吉田松陰の松下村塾の女幹事として兄を支えた妹の文を主役にしたものという。先年、NHKは「坂の上の雲」を異例の2年連続で放送した。

 土地奪い言葉を奪い名を奪う「併合」ありて在日のいる

 在日の高校無償化は除外すと民族差別を声高に言う

 「併合」の成果をあげし明治乞うや長期放映の「坂の上の雲」

2010年の『新日本歌人』の投稿歌だ。
これらの事に対して「NHKは日本国の放送局だから、当たり前だ」と息子に言われた。冷静なのか、すべてを諦めているのか、その両方なのだろうけれど、決して私に同調することはない。
この度は女性を主人公にして、明治の曙と美しく描き、じわじわと民意を明治時代は素晴らしかったと言いたいのだろうと思えて仕方がない。
吉田松陰の塾生には、伊藤博文を始めとして、朝鮮人の私には許せない面々が揃っている。新年から私の胸はイライラがつのるばかりである。
横浜の空はこんなに青く、夜の月は煌々と照っていることが、なお悲しみを募らせる。

f0253572_11023386.jpg
○沈もうとする太陽が、あまりにも眩しくてぼやけてしまった。もう少し待てば赤い夕焼けを背景にした黒富士になるのだが、孫と一緒の散歩で寒さに耐えられず、諦めて帰宅した。自宅から2分ぐらいの場所で写す。(2015年1月)


[PR]

by pcflily | 2015-01-10 11:44 | アリランエッセー | Comments(2)  

国境を越えた慰安婦問題

五月号原稿      二〇一四年

国境を越えた慰安婦問題         朴 貞 花

  

十二歳のファンクンジャさん

道端で日本人の巡査に拉致された

故郷の咸鏡道に帰れぬまま

九〇歳迄の苦痛の人生を終えた

名乗り出た二三四人

謝罪と賠償はない―――

恨を抱いたまま逝ったハルモニ達

存命者は五十五人だ

米上院・下院で可決の「慰安婦決議案」

若い女性を性の奴隷にした

日本軍の残酷な犯罪について

未来世代に教育をしなければならない―――

正式法案として明記した

ニューヨークに五つ目が建立された

少女の平和像と

「慰安婦決議案記念碑」

碑面に刻まれた言葉は

世界に例のない反人道的行為だ―――   (二〇一四年一月二四日)

 

フランスの「アングレーム国際漫画祭」

日本政府が妨害を続けた

慰安婦テーマの作品・二五編

壁は応援メッセージで埋め尽くされた

これで終わらせてはならない

あなたの傷と痛みは私の傷と痛み

全ての人に代わって勇気を出して下さい

ドイツは戦争犯罪の

謝罪を今も続けている

軍国主義に回帰しようとする

安倍晋三首相を支える輩がいる―――

元慰安婦の方々が望むのは

未来に向かって共に生きる事

戦争をなくし手を携えて生きる事だ

○2015年。新年と言うが、
私の生活には新しいと思えるものは何もない。
孫にとって一番興味のあることは「レゴ」らしい。新しいパンフレットを見に行きたいと桜木町駅前に行った。「レゴ」は次々と新しいものを欲しがる。
私は、品物よりも新しい経験をさせてやりたいという気持ちの方が強い。
回覧者に乗ることにした。孫は、レゴを買って欲しかったようだったが、観覧車に乗ってからは「嬉しい、やっぱり乗って良かった」と喜び、興奮していた。わつぃのカメラで写真も撮った。そうして「乗せてくれて有難う」何度も言った。その日は、我が家に泊まったが、翌朝は10時過ぎまでベッドの中でぐっすり眠っていた。興奮して疲れたらしい。回覧者ばかりでなく、エレベーターも使わずエスカレーターも乗らないので、「どうしてなの」と聞くと「強くなるんだ」と言っていた。小学1年生なのに男の子はこんなに強さに憧れるのかとびっくりする。何時も、父親にべったり付いて離れない子供である。

○月がとても明るかった。下の写真は孫が、観覧車からとった写真。

f0253572_19005660.jpg


f0253572_18581893.jpg





[PR]

by pcflily | 2015-01-06 19:07 | アリランエッセー | Comments(2)