人気ブログランキング |

<   2014年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

無産者への「捨身」弁護士 布施辰治

四月号原稿          2014年   
                      朴 貞 花

虐げられた者への愛と慈しみの弁護士 布施辰治


二・八朝鮮独立宣言の

 弁護から始まった

二度の資格剥剥奪と三度の投獄に耐え
 最後は病床からの上申書―-


関東大震災の朝鮮人虐殺の
 事実解明と責任追及

大杉栄・朴烈・金子文子の弁護

大逆事件は官憲のでっち上げだ
死刑は国家によるテロだ

支配階級が労働者・農民を

 圧迫する為の裁判だと糾弾

韓国併合は侵略と言明
朝鮮の農村の
 土地奪還闘争に奔走した


社会という大地に
 正義という
鋤を差し込み
 庶民と共に耕して立つ
生も死も民衆と共に

弁護士職を社会運動に連結させた闘争 
「生くべくんば民衆とともに

 死すべくんば民衆とともに」
 愛息・杜生の獄死を胸に――

☆ 山田昭次先生の新刊が送られてきた。
『関東大震災時の朝鮮人迫害―全国各地での流言と朝鮮人虐待』 
  出版社・創史社 ℡・fax044-987-5584
関東大震災と言われてきて、誰もが朝鮮人の被害は関東地方だけと思っていたと思う。私もその一人である。
ところが、全国各地の大多数の新聞が「不逞鮮人が殺人放火している」といった流言を盛んに報じ、朝鮮人が各地で種々の迫害を受けたことを、全国を訪ねて調査したものである。
これまでも、山田昭次先生は「関東大震災」について、何冊もの研究を重ねた著書を出版なさっている。
山田先生は、現代の良心的な日本人の代表であり、嘗ての、布施辰治さんのような存在であると思う。

1900年代に朝鮮人の為に、身を捨てて闘って下さった弁護士の布施辰治さん。どんな時代であろうと、個人の人格により生き方は定まってくる。
良識もあり理解のある態度をとっているので、安心して、性奴隷にされたハルモニの事を話せば、どこにでもあった話と言い、朝鮮人の文化財を取り戻す運動をしている慧門さんの話をすると、イギリスやフランスもやってきたことだと言う人が多い。じゃ、誰かが、殺人や泥棒をしたからやっても良いのかと言いたい言葉をグッと飲み込んでしまう弱い私だ。


f0253572_16230191.jpg

f0253572_16250275.jpg



by pcflily | 2014-12-25 17:00 | アリランエッセー | Comments(4)  

日本の偉人達

一月号原稿        二〇一四年   

「日本の偉人達」            朴 貞 花 

       

米国に取られたものは

「朝鮮を属国にして埋め合わせ

日本を栄えさせよう」と吉田松陰


天皇を頂点とする

官僚と軍人の明治維新

国策は「征韓」

一八七二年朝鮮に忍び込み

侵略の為の盗測地図作製

軍艦にて江華島へ侵攻


 木戸孝充は

「朝鮮に罪を鳴らして

其の土を攻撃、神州之威を伸長せん」と

明成皇后を暗殺した       明成皇后(閔妃)

公使三浦梧楼は「コレデ安心ダ」

「朝鮮モ愈々日本ノモノニナッタ」

  

天皇は三浦梧楼をほめた

「遣るときにはやるな

煮ても焼いても食えない大院君-」大院君(高宗の父)

明治の元勲・伊藤博文曰く

「自分は韓国を全然廃滅に帰して

帝国領土の一部となす」


明治の政府の師匠・福沢諭吉は書く

「主権云々は朝鮮の場合は適用すべからず」

「朝鮮国滅亡こそ其幸福は大」


併合前の朝鮮に二十八の監獄作り

韓国併合を成し遂げた

「日本の偉人達」


「日本を取り戻す」と

平成天皇に万歳をする首相

強いものは正義か?

☆日本人にとって偉人と思う人々が、南北朝鮮人や他国の人々にとっても共感できる人であって欲しいのに、それは、夢であり難しいのだろうか?
善悪を抜きにして、自国に利益をもたらすか否かで、評価が分かれるのだと気が付くようになった。人間は、現時点でよほど苦しい立場にない限り、現状維持を好むのかもしれない。選挙で、何時までも保守党が好まれるのも、変わることを好まない人々の意志が反映されるのであろう。究極は、他者への配慮より自分さえ良ければよいと思うから、何も変わらないのだろう。
将来を見据えて考えることをしなくなっている人が、多数を占めているのだろう。
 
このブログは私の歌集『身世打鈴』の在庫がないので、歌集をここに書き写すために始めたのだが、いつの間にか、現在入会している「新日本歌人」への投稿歌を載せるようになってしまった。
なかなか、前に進まなかったが、漸く2014年1月号まで来た。2014年分はこのブログに載せた作品が多いので、あまり、時間がかからないかもしれない。

f0253572_18144739.jpg
◎三番花を咲かせた胡蝶蘭と満月
満月の明るさに溜息の出る日が続いた。カメラに収めたくなったが、私のカメラでは、あの明るさは写し切れなかった。子供の頃の歌が蘇ってきて、歌い出してしまう。
● 月の世界の姫様は、哀れ乞食に身をやつし、生贄、兎の手を取りて、月の世界へ、昇るらむ   (インドの童話と知る)
● 青く光った草の中、シンデレラ姫は何処にいる、優しいやさしい、王子様、一緒に、に探しに行きましょう  (シンデレラ姫)
● 優しい母様、お望みの私が、生まれたその日には、雪がちらちら降っていた、名を、白雪と付けました  
 けど、母様はお亡くなり、その後がわりの母様は、魔法使いの、おばあ様、私を、森に付けました   (白雪姫)
●一茶の伯父さん、一茶の伯父さん、あなたの生まれは何処ですか
 ハイハイ、私の生まれはの、信州信濃の、山奥の、そのまた奥の一軒家、小鳥と、お話、してたのじゃ、タラッタ、ラッタ、ラッタ、ラッタ、ラッタ、ラッタラーー、  (小林一茶)
長野県の地震のニュースを言いて思い出した。
○どうして、誰に教えて頂いたのかも分からない、小学生の頃に歌っていた歌を、こうして、口遊む様になったのだろう。認知症になると、昔の事は、はっきりと想いだすという。私に、その兆候が表れてきたのだろうか?


by pcflily | 2014-12-12 19:04 | アリランエッセー | Comments(2)  

2013年の夏・八月に思う

  • 二〇十三年の夏・八月に思う 
              十一月号 二〇一三年    
    (ぱっ) (ちょん) (ふぁ) 


      

世界で唯一の被爆国「日本」

六十八年目の夏

悲しみが私を包む

非核保有国「日本」

核燃料サイクル技術を持ち    

核再処理施設を持ち     

プルトニュウムを溜め込む

原爆の広島・長崎の

痛みは何処に―――

核拡散防止条約(NPT)の

署名を拒否した

安全神話振りまき

地震国日本に

五十四基の原発

原発は核兵器の隠れ蓑だ

フクシマの原発事故

人々の暮らしを破壊し

空も海も大地も穢している

原発の再稼働を―――

「強い日本になろう」

国防軍を作ろうと

大勝した自民党

靖国参拝は

アジア侵略を肯定する事だ

「改憲はナチに学べ」と公言の

麻生副総理大臣

不戦の誓いを言わず

反省をしない

国民が選択した

安倍内閣総理大臣

☆昨年の8月の作品だが、現状は変わっていないし、むしろもっと悪くなってきた。先行きを考えると恐ろしいと不安になるばかりだ。
突然、誰もが納得をしない解散をして、総選挙をすることになった。安倍首相は自分の政権維持の長期化の為に解散をしたのだ。その祖父の意志と経験をしっかりと学び、政権維持の為に動いている。日本の国民の為には何も考えていないのだ。
原発の再稼働と特定秘密保護法と集団的自衛権のことだけでも、この自民党を再選させてはいけない筈なのに、戦争を出来る国にしようとしていることを、真剣に有権者は考えているのだろうか?
私の家にもビラが入っている。選挙権がないことを知らないのだろう。


f0253572_20174217.jpg
◎横浜市の多文化共生ラウンジのお祭りに遊びに行き、折紙体験をした。教えて下さった人は、台湾の人で日本の人と結婚をして、来日して十数年という事であった。色々なものが作られ、展示されていた。その素晴らしさに溜息が出た。来年は未年なので羊をと勧められ教えて頂いた。でも、細かいところは、微妙に折るコツがあって私にはうまく出来なくて直して頂いた。
日本語が苦手という事でおせっかいな私が、ちょっとお手伝いをしたら、お礼にと孔雀の折り方を教えて下さった。羊と孔雀に見えるだろうか?
バラの花などもサービスに下さった。年賀状に使ってと葉書に張り付けて下さったが、オモニの亡くなった年なので年賀状は出さない。
   


by pcflily | 2014-12-02 21:00 | アリランエッセー | Comments(2)