<   2013年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

  貞花流  「朝鮮語・韓国語の学び方」

  貞花流 「朝鮮語・韓国語の学び方」

 何時の頃からか、書店にコーナーが出来る程の朝鮮語・韓国語の学び方の本が多くなった。「ハングルの学び方」や「韓国語の学び方」の書名が多い。英語を学ぶ人の為に「アルファベットの学び方」と言う書名もあるのだろうか?残念ながら、私は見たことがない。

 nhkの語学講座の名前は「アンニョンハシムニカハングル講座」となっている。不思議な名称である。
野間秀樹氏の「新 至福の朝鮮語」には次のように記されている。
{ 学術的な名称としては日本では「朝鮮語」が一般的である。朝鮮語は、話し手の総人口7000万人をゆうに超え、3000あるとも5000あるとも言われる世界の言語のうちでも、14位、15位を占める。フランス語、イタリア語に匹敵する大言語である。朝鮮半島では総人口のほぼ100%が朝鮮語を母語とすると言われる。}

 朝鮮語は、南北朝鮮の両方で古来から現代まで使われている。韓国だけで使われているわけではないのに、韓国語と言われる方が多いのは、日本が大韓民国だけを国として認めて、朝鮮民主主義人民共和国を国として認めていない姿勢から出ているのだ。
北朝鮮と呼び習わしているけれども公平に考えれば南韓国と言うべきだろう。

 友人の梅田悦子さんの短歌

 アメリカの核実験1053回日本水仙うつむいて咲く   「神奈川新聞に入選した短歌」

秘密裏に実行したアメリカの核実験に対しては、政府もマスコミも沈黙している。
世界に公表して始めた北朝鮮の3回の核実験は、政府もマスコミも大騒ぎした。

 世界で唯一の被爆国である日本、誰でも知っている地震国日本に安全神話をまき散らし続けた。そうして、
原発を次々と作り続けた。東北北大地震での大地も海も汚染させ,
人間の生活を破壊させた原発事故の解決策も見つかってない状態での、再稼働を決めるとは?

 生き証人のハルモニ達が(元慰安婦・性奴隷)おられるのに、事実ではないと言い続ける日本の首相達。
良心的な人々がいると信じていたのに、選挙の結果は、彼らが大勝した。

 朝鮮語をハングル語と言うことは小さなことなのだと思わなければならないのだろか?


f0253572_2047116.jpg

    2013年5月7日4時48分 韓国へ出発の日の昇る朝日   我が家の居間の窓から
[PR]

by pcflily | 2013-08-08 20:50 | アリランエッセー | Comments(4)  

 貞花流 「日本語から入る朝鮮語・韓国語の学び方」

  貞花流 「朝鮮語韓国語の学び方」

 日本語は母音で終わる。
 朝鮮語・韓国語には、子音で終わる時もある。それを終声の形の子音で表記する。最初は戸惑うことが多いが英語等を思い出せば良い。直ぐになれるだろう。
 
 発音そのものは、「ㄹ・」以外は日本語の中で、常に使っているものである。
 いろいろなハングルの子音が終声になるが、発音は以下の6種類になる。
 日本語に於いては、文字の区別がされないので普段は気が付かないようだが、声に出して読んでみれば、 それぞれの発音に違いがあることを、はっきりと認識出来る。


                     
f0253572_332884.jpg
 
     白のチマ・チョゴリ、古いアルバムより



★ 促音 (っ) 3種類

     発見・サッカー          ㄱ ・ K

     発展・カッター            ㄷ ・ T

     発表・カップ             ㅂ ・ P

★ 撥音 (ん) 3種類

      歓迎・念願              ㅇ ・ NG

      感銘・秋刀魚              ㅁ ・ M

      観念・新年              ㄴ ・ N

★ 日本語にはない 発音             ㄹ 
   
[PR]

by pcflily | 2013-08-05 03:09 | アリランエッセー | Comments(0)  

  貞花流 日本語から」入る「朝鮮語・韓国語の学び方」

  貞花流 日本語から入る「朝鮮語・韓国語の学び方」

 日本の表音文字の平仮名・カタカナは、一字で一音の表記となる。

 朝鮮の表音文字のハングルも一字で一音の表記だ。

けれども、このハングルの素晴らしい特徴は、
 漢字さえも 一字で一音を表記出来ることである。

 ハングルは、ローマ字の様に、母音と子音を組み合わせて、一音を表記する。ローマ字はそこまでだが、
 ハングルは、母音と子音に子音を二度まで加える。この方法を考えた事により漢字も一字で表記出来る。

 南北朝鮮がハングルだけの表記方法に踏み込めた、大きな一因である。
 (日本でもカタカナだけでと言う案が出たが、長くなりすぎて実現できなかったと聞いた事がある)
 
 最初に子音、これを「初声」と呼ぶ。次に横(下)に母音、これを「中声」と呼ぶ。仮名はこれで表記できる。
 その下に、表記する子音を「終声(支え)」と呼ぶ、(一個の場合と二個の場合がある)読む時は一個だけ。
 この終声を使うことにより、どんな漢字でも一字で表記出来ることになる。

 この「終声」をマスター出来たら、もう、ハングルの読み方の卒業と言っても良いと思う。

 「終声」は日本語では、「促音」と「撥音」で表記される。

 どの文字でも7個の終声の発音の一つになる。

 日本語では、撥音の3個と促音の3個で表記されている。

もう一つは「ㄹ : L 」である。
 「ㄹ : L」は、日本語にはない発音である。[CD]を聞いて練習して欲しい。私の教室はクリス

マスソングを歌い練習する。

 日本語は、ラ行の言葉は少ないので、しりとり遊びの時はラ行の言葉を最後に付けると勝てると言う。

f0253572_12314340.jpg

[PR]

by pcflily | 2013-08-04 11:44 | アリランエッセー | Comments(0)  

「朝鮮語・韓国語の学び方」 日本語から入る貞花流

   貞花流 日本語から入る「朝鮮語・韓国語の学び方」

 独習しているうちに一流の人々の考え方と私は違うと思うことが多いので「貞花流」と入れることにしている。
最初に気が付いたことは、私の姓の「朴」に「パク」はおかしいと思ったことだ。何冊も本を買って見たが、何れも、「パク」だった。ある講演会で、このことを、質問したことがある。朝鮮語の教授としては、テレビでも講座を持ったことがあり、教材としての著作も沢山ある著名な教授である。彼の答えは「決められているわけではないが通例に従っているだけだ」との事だった。

 最近分かったことだが、機械の操作に弱い私が小文字の「ク」と「ム」をパソコンに表示できないので、息子に教えてもらおうとしたら、日本語には小文字の「ク」と「ム」の発音がないから機会(コンピュータ)は利口だから、それを知っているから表示しないのだと言う。小文字はxの後にと、説明書には書いてあったが、出来ないのは発音がないからであったのだ。それを、表記しているのだから正確な発音にはならないわけだ。

 日本の表音文字の仮名は、何の連係もなく100個以上になる平仮名とカタカナを覚える。表音文字・ハングルは文字に見えない、記号にしか見えないと、殆んどの人が言う。私から言わせれば日本の仮名も、音を表す記号と言っても間違いとは言えない。小学校に入る前から文字として、認識し始め、何十年間も接して来ているから文字として認識できるのである。始めから文字に見えないと冷たいことを言わないで、愛情を持って見て欲しい。

 何の連係もない日本の仮名を始めて習う人達よりも、母音21個、子音19個の40個を覚えれば良いのである。取り合えず、最初は母音6個、子音9個を確実に自分のものにしてから、その後に、縦線、横線を加えることによる変化を確実に体得すれば良いと思う。

 隣国であろうと外国なのだから、日本語の仮名は使わないで、ハングルを耳で聞きながら覚える事だ。
書店で販売されている本には、どれをとっても「cd」が付いている。正しい発音を聞いて、学ぶことが出来る。

 次に学ぶことは漢字の読み方である。こんなに似ているのかと思うほど似ているし、同じ読み方もあるのだから、楽勝である。覚えたハングルで振り仮名をして覚えれば良いだけである。

 最後は、単語・固有語を覚える。暗記力の衰えを感じ始めた方には、ここが一番辛いところだが、始めたからにはやり抜くしかない。若い人にとっては、こんなに簡単な外国語はないと思う。但し、山は登るほどに険しくなるという事も肝に銘じておいた方が後学のためになる。
f0253572_16381078.jpg


 一人で麻雀荘を経営していた。4時間の睡眠も取れずにいた頃である。改装のお祝いと送られた花との記念写真。ロングスカートとおしゃれをしているように見えるが、お客さんの要望通りに冷房を強くするので、関節が張れて痛みが襲う。その為に、このロングスカートの中には、保温用のスラックスを履いていた。

 トイレの中には、何時も誰かの詩を書き写し、貼り付けておいた。或る日、クモスズメとは何のことかと聞くお客さんがあった。直ぐには答えられなかった。雲雀(ひばり)の事だった。
 「奪われた野にも春は来るのか」や、「この広い地球上に、たった一人 手を繋ぐ人がいれば幸せというもの」などがあった。残念ながら、70の坂を越しても私には、手を繋いでくれる人はいない。
[PR]

by pcflily | 2013-08-03 16:38 | アリランエッセー | Comments(0)