靖国合祀反対集会

☆8月11日、都内で朝鮮人の靖国合祀を反対し合祀を取り消せと、集会を行った。今年も、韓国から何人も遺族が来日して、合祀取消の願いを訴えた。会場には通路まで一杯の参加者でうずまった。
パネリストには韓国から権赫泰さん、吉田裕さん、高橋哲也さん、司会は内海愛子さん。いずれ劣らぬ論客で、私の胸を打ち改めて考える事が多かった。
何故、靖国神社は、嫌だと言うのに、こうして合祀を取り消さないのか、摩訶不思議な事を続けているのだろうか?子供に聞いても、間違っていると答えるであろう理の通らないことを続けている。
À級戦犯をも合祀しておいた靖国神社に首相や国会議員が大勢押しかけて参拝を続けている。国を挙げて、戦争神社に参拝をするのは、再び戦争をしたいという願望の為なのだろうと思ってしまう。
猛暑の中を出かけたが、気持ちは恐ろしさに寒気を覚えた。夕方からは今年も、靖国の闇に灯りをと、靖国合祀反対、安倍は止めろ、戦争反対、平和を守ろうと明かりを掲げてデモ行進をした。例年のごとく、街宣車が騒ぎ立てていたが今年は猛暑の為か昨年よりは少なかった。
韓国から来日した若者も参加した。ノー合祀・ノーハプサとこの闘いに参加するために来日した。若者の参加は嬉しいが、世代を超えて「ノー合祀」の闘いを続けなければならないとは、悔しさが募る。日本という国は、何故?こんなことを何時までもさせるのか?理性がないのか?良心が無いのか?どこまで図々しいのであろうかと考えた。
〇靖国に囚われている我が同胞に花を捧げたい。
f0253572_19581547.jpg
f0253572_20014807.jpg
f0253572_20074250.jpg
f0253572_20043296.jpg
f0253572_19531219.jpg
f0253572_20385609.jpg
f0253572_20370368.jpg
f0253572_20344520.jpg

f0253572_21152397.jpg


[PR]

by pcflily | 2018-08-19 20:40 | アリランエッセー | Comments(0)  

<< 終戦宣言の約束は? 忘れられない人 広瀬禮子さん >>