『もう一人の力道山」李淳馹一族の出版記念祝賀会

毎朝、目覚めて一番の楽しみはパソコンで韓国の新聞を読むことだ。昨日は、力道山の事が、載っていた。その内容は、私の息子が北朝鮮迄行き調べて書いた渾身の力道山のノンフィクションの内容そのものの様であった。

力道山について息子の李淳馹が『もう一人の力道山』として出版したのは、1996年4月だった。小学館の21世紀国際ノンフィクション大賞に応募し、最後の5作品に残ったが副賞さえもらえなかった。再度の応募の朝鮮学校のラグビー選手についての『青き闘球部』も最後の5作品に残ったが、受賞は叶わなかった。息子は、自分の作品の力量不足だと言ったが、私には、そのように思えなかった。息子が応募した時だけ、2名の副賞が選ばれなかったからである。私の知っている限り、副賞がなかったのは息子が応募した時のこの二度だけである。事情は分からないが私の息子は、その後、ノンフィクションに挑戦することをやめてしまった。

それでも、「もう一人の力道山は、小学館で単行本として出版することになった。
小学館の編集部では、原稿を見るまで信じなかったそうであるが、著名な船戸与一さんが「解説」を書いて下さった。「新たなノンフィクション文学の誕生である」と締めくくって下さった。
ところが,内容は良いが【「半島」「半島人」の差別表現あると、関係団体が抗議、第5刷から指摘部分を「韓国・朝鮮人」「在日朝鮮・韓国人」へ改め、巻末で謝罪文を掲載。【「差別語不快語・にんげん出版」より】ことほど左様に理解をしている人たちである筈の人でさえ、事実とかけ離れている。
後に「もう一人の力道山」は文庫本も出版されている。

小学館の出版記念会に『世界』の責任者であった安井良介さんから手紙が届き、小学館から出版記念会の招待状が送られてきたけれど、その日に四国で講演が決まっているので、欠席せざるを得ないとの事だった。そうして、シクラメンの鉢植えがお祝いにと届いた。そればかりでなく別便で手紙も届いた。その後には自著の『自画像の描けない日本』を何冊か送って下さった。「もう一人の力道山」の著者としての息子の李淳馹の新聞記事があったと、お母様に似てらっしゃいますねと添え書きをして送って下さったりした。安井さんの手紙は、巻紙に筆で書かれたものであった。安井さんから頂いた手紙は何時も、巻紙に筆で書かれていた。

〇安井さんから贈られてきた『自画像の描けない日本』
f0253572_13494948.jpg

〇安井さんから贈られてきたシンビジュームの鉢植え。花にはご自分の手でお名前がかかれた札が付いていた。その頃のシンビジュームは高価な花であった。
f0253572_16041691.jpg
私の一族が集い、出版記念祝賀会を開き喜びを共にした。私は七人姉妹なのでその結婚式や甥や姪の結婚式などで集う事が多く、最後はカラオケで遊んだが、この日はカラオケの事などは忘れて、朝鮮の未来について遅くまで話し合い盛り上がった。
f0253572_16201353.jpg
〇応募した時の審査員の中に活字にするなと言った人がいたが、若い編集部の人達がせめて2000部だけでも良いから本にしたいと企画し、許可を貰うための書類が上部に行くほど部数が増えて、何万部もにまでなった。表紙は写真のように見えるが油絵で、最初は画家がそんな無名の人のものなど描かせるなと言ったけれど、兎に角読んでから決めて下さいと編集部の人が話して、読んだ後にその画家の態度がすっかり変わって真剣に描いた良い物が出来上がった。背表紙の顔まで別に書いて下さり、その絵を息子にプレゼントして下さった等と、この本が出来るまでの色々な裏話を説明したので、祝賀会は大いに盛り上がった。
f0253572_16004444.jpg
〇左は私の朝日歌壇賞を頂いた私の為に娘が花束を贈ってくれている。
〇右は朝日歌壇賞と、安井さんからの手紙について説明している妹達。
f0253572_16084663.jpg
〇下段、安井さんの手紙を読んでいる私。書道の師範を取ったと言っていた妹が安井さんからの手紙を読むと言って、読み始めたのにあまりにも達筆な草書なので、読めないと言いおりてしまったので、私が読むことになって読んでいる。
f0253572_16072623.jpg
〇安井さんの手紙にはこの「朝銀東京信用組合」の後援会の集いで話をした私の事をはっきりと覚えていると書かれていた朝日歌壇の私の歌も注目して読んでいたとのことであった。でも、この日に会った私が朝日歌壇で見る朴貞花と同じ人間とは知らなかったとのことだ。
朝銀東京の後援会の集いで、講演をなさった安井さんのお話の内容に感動をして、私はお礼が言いたくて、晩餐会の時に安江さんの所に行きお礼の言葉を言って戻るつもりであったのに安井さんが座りなさいと引き留めて下さって、しばらくお話をした。朝銀の支店長などが挨拶に次々と来たのに、私を引き留めて下さった。今、考えると不思議だが、或いはチマ・チョゴリ姿のお陰かも知れないと思うようになった。歌舞を公演する専門家以外ではチマ・チョゴリ姿は何時ものように少なかった。朝銀東京信用組合女性後援会の集いであったので、参加者は女性が多く800名ほどであった。
f0253572_13510112.jpg
f0253572_16124834.jpg
〇上の写真は同じテーブルの人達、左は朝鮮高校の校長の奥さん、漢方の医師の奥さん、町田支部の専任職員文局長朝鮮新報の配達をしていた。
f0253572_16150341.jpg
〇下の左は安井さんから、花を贈られた後に、お礼の手紙も書けずにいた時に知らせが届き講演会に出席した時に紹介された人、「世界」に匿名で韓国の様子を知らせて来た手紙が掲載されていた作者。李御寧さんは韓国の文化部長を歴人し、『縮み志向の日本人』や『ふろしき文化のポストモダン』いう本も出版した。安江さんに紹介されてお会いした記念に撮った写真の一枚が送られてきた。そして、左は、当日の「朝鮮新報」から派遣された記者、我が家の嫁さん。
f0253572_16213428.jpg
〇今年も月見草が星降りし如く、裏庭に沢山咲きました。居間に持ち込んでも咲く。
f0253572_14142050.jpg
〇壁を這い上がる定家葛の花を咲かせるために日が当たるように、無窮花の枝を横に倒したのに枝を伸ばし、花をつけてくれた。強い花だ。
f0253572_14124482.jpg

[PR]

by pcflily | 2018-07-25 18:15 | アリランエッセー | Comments(0)  

<< 「米韓軍事演習の中止決定」 『あらくさ』短歌の同人誌 >>