同胞の悲願叶うだろうか?

☆今日も嬉しいニュースが届く。文在寅大統領がロシアで、ロシアから自分が育った釜山まで鉄路を繋ごうと遠大な構想を話している。地続きの朝鮮、中国、ロシアまで、仲良くできる事を願っていた私にとって本当に嬉しい事である。
南北合同チームでアジア大会に参加する。統一旗、アリラン等当然のように決まっていく、平壌、ソウルでのバスケットの親善試合も決まった。本当に嬉しい。アボジやオモニ、沢山の逝ってしまわれた同胞に伝えたい。漸く、ここまでたどり着いたのだ。でも、心から安心できないでいる。これまでに、あまりにも大きな失望を抱かされ続けて来たからだ。

〇下の写真は日本で行われた卓球で優勝した南北合同チームを応援に行った時の物。右の女性は総連の中央女性同盟の委員長。私に、「チマ・チョゴリで来たのですね」というので「雨が降ろうが嵐がこようが私たちはチマ・チョゴリを着て守らなきゃ」と朝鮮語で言った。彼女は何も答えなかった。チマ・チョゴリ姿とあまりにも一生懸命に応援するので目立ったらしく、取材を何人もの人から受けた。テレビには「勿論、必ず統一します」と言っているところを見たと、全国の短歌の未来の仲間や同胞から電話が来た。この頃の写真は、アルバムに貼ってあった写真。1991年4月25日。
f0253572_14081328.jpg
〇合同チームの結成と優勝で、喜びの宴で歌い踊った。若者たちは韓国から応援に来ていた。
f0253572_15051738.jpg
〇朝鮮大学での記念写真、左下は、娘の成人式の写真、新調してやった刺繍とスパンコールの美しいチマ・チョゴリが娘にとっては初めての高価なものであったので、嬉しくて、興奮して眠れなかったと言う。私はこの日の娘を送り迎えをする為に初めての新車を買った。新車を買ったのは、娘が二十歳、息子は23歳で親の務めを半分終えた気持ちになり、自分へのご褒美でもあり、その記念でもあった。
f0253572_12421507.jpg
嬉しい時には直ぐに踊りだすちょんふぁ。
f0253572_15034622.jpg

f0253572_12572570.jpg
〇今年の4月に両親の祭祀の為に韓国に行った時に、自由に使えって良いとマンションの秘密番号までを教えて宿泊させて下さった方から頂いた花の種を植えた物。何故か、ずっと鳳仙花と思っていた。種をまいて1センチぐらいになった苗を家の周りの土のある場所に移植した200本を遥かに超えていると思う。種を蒔いてから、毎日この花の苗が育つのを見るのを仕事にしていた。ところが咲いた姿を見たら百日草だった。同じ日に植えたのに、植えられた場所によってこんなに違う。秋までは次々と花は咲き続けるだろう。夏期がその名の通りに長いから。わが朝鮮民族にも良い知らせが続くかもしれない。花も、人間も、国も同じだなあと思っている。それぞれの幸運と不運が全てを決めるのだ。朝鮮民族は、長いこと辛い苦難の道を歩いてきたのだ。けれども、ようやく陽が指し始めたようだ。今度こそは、良い花が咲き、素晴らしい実を結ぶことが出来る様にと祈るばかりだ。
f0253572_12100053.jpg
f0253572_07113356.jpg
〇夏に咲き続ける強い花、百日草を見ていたら無窮花の事を思い出してその花にたとえて詠んだ歌を思い出した。
「朝鮮を無窮花の園と呼ぶという統一の花咲く日のあらむ」
統一の日が必ず来ると心から信じていた頃に詠んだ。
この歌を友人の須藤英子さんが「かけ軸」にして下さった。彼女は大学で書道の先生をしていた人であり13歳年上であった。長い事信頼できる友人であった。毎日新聞の「毎日書道展」に出品するための作品に私の歌を何度も選んで下さった。書にする場合は、本来は作者の名前は入れないことになっているけれど、貞花・ちょんふぁさんの歌は特別な歌であるからと、いつも、書の中に私の名前も入れている。展示は全国各地を巡るとのことであった。
「千里馬の国の夜明けと信じたり吾子につけたる明希と言う名」
初孫が誕生した時に、孫の名前の金清文を織り込んだ歌
「金成り清き銀充つるとも文武備えし君子たれ」
等もその中に入る。そうして、作品が出来ると、彼女は、私の家を訪ねて来て作品を見せて、これで良いでしょうか?と。びっくりするのは私だった。筆を持ったこともない私に、了解を得たいと持ってきて見せて下さるのであった。
どこまでも優しくて頼もしい信頼できる人であった。彼女は「朝日友好展」に出品する私の作品を全て筆で書いて下さった。どんな場合も、日本への抗議の歌なのに、私の歌を書いている時には、朝鮮人の心になって書くのだと話してくれた。ある時は作品を仕上げたのに余白が多く出てしまったと悩んで電話が来た。それならば、鶴の折り紙を貼ったらどうかしらと言ったら、折った鶴を、郵便で送ってきて、これで良いでしょうか?と手紙が添えてあった。どこまでも謙譲の人であった。二度と会えない所に旅立ってしまってから久しい。次々と友人がいなくなった。
f0253572_12321374.jpg

f0253572_12192701.jpg
〇総連の専任の役員を務めた人たち、御存命であるのかどうかも分からない。右の写真の中央の人は、かの有名な総連中央の委員長であった人。朝鮮大学での写真だ。

f0253572_13275371.jpg
f0253572_07073967.jpg
〇はがき二枚分の大きさのこの写真が2枚ある。元中央副委員長とメモがあるだけ。もう一人の人は朝鮮から来られた高官であった。死亡記事が出ていたのを見たことがあるので、相当の人であったのだろう。にもかかわらず、何故こうして私が一緒に写っていたのか、記憶にない。。写真は朝鮮新報社から送られてきたことは覚えている。あるいは金剛保険会社の創立記念日であったのかもしれない。その時は、社長夫人であったから、この写真があるのだろう。
f0253572_15022254.jpg

〇在日朝鮮人女性の慰安婦問題を考える集会、日本の新聞には載らないが、総連の中で在日朝鮮人の人権の為に闘っていた。この日は、1992年2月10日、26年前、この日に参加した国会議員の清水澄子さんも、もうこの世の人ではない。
性奴隷にされた女性たちも老い、大勢の方が亡くなっているのに、日本国は謝罪も賠償もしない。自国の犯した罪業は、棚に上げて忘却したのか、戦後責任を果たさない後ろめたさを持っていたのに、鬼の首でも取ったように「拉致、拉致」と〇〇の一つ覚えのように、国中で騒いでいる。歴史を隠匿して恥を知らない、良心の欠片もない日本国なのだ。
f0253572_07201584.jpg
〇真の祖国統一の日は来るだろうか?嘗て朝鮮新報に掲載されていたので、アルバムに貼ってあった。左から二番目が娘の長男の清文。何時も笑顔いっぱいの子供であった。現在は、哲学者の様な顔をしている20代も後半の青年になった。
f0253572_15070715.jpg


[PR]

by pcflily | 2018-06-22 15:20 | アリランエッセー | Comments(2)  

Commented at 2018-06-26 16:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pcflily at 2018-06-26 21:38

コメントを有難うございます。
「朝鮮新報」の記事の中で朝鮮大学の金英哲先生が、かの有名な石牟礼道子さんの天皇家への思いを書いてありました。ご本人は気が付かないことであったのでしょう。
差別については、かくも難解なものだと思います。差別と感じるのは受ける側であるのですから、事は簡単ではないと思います。
共和国に対する罵詈雑言が続いている時に、私は、話題にされないよりは良いと思う事にしていると友人に話した事があります。ここに、人間が生きているのに、完全に無視され、透明人間になってしまう事が、度々あるからです。

私が一番嫌いな事は無視されることです。こんな駄文を恥を忍んで書き続けているのは、たった一人でも良いから読んで在日朝鮮人の事を知って欲しいからです。
会う事の出来た人にはブログを書いているから読んで欲しいと名刺を渡していますが、コメントを書いて下さっている方は、現在、新村さんだけです。多くの人に無視されています。
新村さんには心から感謝していますし、コメントを読ませて頂くのを楽しみにしています。人として認めて頂いていると思っています。

<< アジア高齢者文化祭 冷戦の完全な終息か?朝米会談 >>