祖国・母国・故国を慕い続けて

七月号原稿    (4月に詠む)

祖国・母国・故国を慕い続けて   (ぱっ) (ちょん) (ふぁ

)   

生地は植民地朝鮮

アボジの逃亡予防の人質として

一歳でオモニと渡日


韓国と名称変えた祖国

四十年の後

一度だけ許された

母国訪問墓参団   (本家の伯父より古書を託される)


戻れる保証無く

記念撮影と

子供への思いをテープに遺し

覚悟を決めて出発


祖国の土になると独り帰国の

アボジの葬礼の

五十九年後の帰国にも

監視人が付いていた 

   (叔父はすでに逝去、本家の長男・従兄より古書を再度託された)


選挙権を得んと韓国籍に変更。

いとも簡単な訪韓許可

親族に誤解されていた私


独学の母国語で

交わし合った言葉の数々

真実の心は通じた

父母の傍に私の墓標までーー


生地故国の記憶

欠片さえなかった

求め続けて幾十年

はや八十路の坂に


本家に伝わる百年前の  (百年を超す古書と鑑定で判明)

貴重な古書を贈られた私 本家の長男・従兄より古書の贈呈)

本家に遺された古書が――

保存の為の訪韓をと心せかされる

   (後継者のいない従兄が急逝し、守る人がいない)


〇右の写真は本家の伯父さん、私のアボジのお兄さん(二重瞼の私のアボジより、一重瞼の本家の伯父さんに私は似ているようだ)わが朴家は男児が少ない。アボジは二人兄弟、伯父さんの子供も男兄弟二人だけ。私のアボジは男児をと願い7人も生ませたのに、女児だけであったので本家の次男を養子にした。

f0253572_16251870.jpg

〇1980年、生地朝鮮への初めての帰国。高校受験の娘を大学生の息子に依頼し、店も任せて、或いは、日本へ戻れないかもしれないと言う危惧も抱きながらの韓国行きだった。

私の念願の朝鮮でチマ・チョゴリ姿で歩くことを実行した。韓国では誰もチマ・チョゴリを着ない、暮らしていないと反対されたが、一人でも着ると最後まで譲らなかったので、オモニも妹も同調した。300人ほどの団体の中で私達母子だけであった。

f0253572_15583410.jpg
〇オモニの弟である叔父さん夫妻。
f0253572_16085977.jpg
〇大輪のピース。

f0253572_15220393.jpg
〇大輪のピースの枝に咲いたピースが中輪の黄色のゴールドハニーが同じ茎に一緒に咲いた。ゴールドハニーが咲いてピースは負けてしまった様だ。こんな不思議な事もある。

f0253572_15011687.jpg
f0253572_14590776.jpg

〇家族で鍋物をする時の大皿に浮かべて楽しんでいる。そのまま咲かせておくと後から、咲こうとする蕾が惨めな姿になってしまうので取り除く。
f0253572_15371331.jpg
〇大量に咲くので、ドライフラワーにして楽しむことにした。農薬を使って無いので、薔薇のお茶にしても良いかも友思い始めている。
f0253572_15303103.jpg
〇ベランダから見たゴールドハニー。
f0253572_15024940.jpg
〇定家葛、まさきのかずら,丁字葛ともいう。小さな香りのある五弁の風車の様な花が咲く。今年は花が沢山咲いた。
f0253572_15174378.jpg



[PR]

by pcflily | 2018-05-09 16:58 | アリランエッセー | Comments(2)  

Commented by Nimura Takeshi at 2018-05-11 07:39 x
宋連玉先生(青山学院大学名誉教授、アリラン文化センター館長)が次のように論文で訴えています。(私のブログで紹介)
「植民地期に徴兵や徴用、あるいは生活苦からの出稼ぎで故郷を遠く離れ住むことになった朝鮮人の中には、その後冷戦構造下に置かれ、二度と故郷の土を踏めなくなったケースも少なくない。文字に蒙(くら)く言葉に疎い人びとが異境に暮らす困難は筆舌に尽くしがたいものがある。ここ日本に移り住んだ在日朝鮮人女性たちも複合差別に苦しみながら、シスターフッド(姉妹の絆)を育てながら生き延びてきた。今日もなお数万の人びとが「朝鮮籍」という無国籍状態でディアスポラ(離散)化しているが、それはとりもなおさず植民地主義がいまなお続いていることを物語るものである」(東アジア近現代通史第5巻新秩序の構築 1930年代:植民地期朝鮮の女性 岩波書店2011年発効)
上記論文の意味するところは、貞花さまとそのご家族のお気持ちそのものと理解しております。貞花さまの詩歌と論文が秀麗に共鳴する姿を学びました。素晴らしい発見でした。花々が美しいですね、心も安らぎます。気温の差が激しい日々、ご自愛ください。
Commented by pcflily at 2018-05-11 22:21
有難うございます。
上京して直ぐに娘のチマ・チョゴリ姿を見た人から、まだ朝鮮人が日本にいたのかと言われた時から始めた事。朝鮮人が日本にまだ住んでいる、一生懸命に生きている事を知ってもらいたい。私自身を知ってもらう事により、人間として信じて貰えたら、その人が次の人に伝えてくれて、それが次々と次の人へと連なってゆき、将来は大きな輪・和になってと願った事が、約50年目に、新村さんに伝わったようです。とても嬉しいです。有難うございます。

宋連玉さんは、お会いした事はありませんが、私が『身世打鈴』を出版した時に、ご本人が、直接電話で『身世打鈴』を送って下さいと仰った方です。殆どが誰かの紹介で送らせて頂いたので、このような方は初めてであったのではっきり記憶しています。読んで頂くだけで、嬉しいのに、料金はいらないと言ったのに、送金して下さったこともはっきり覚えています。機会が有ったら、お話を聞きたいと思っています。

<< 鄭敬謨さんと黄晳暎さんと[粒の... 南北、米朝首脳会談に祈る >>