好きな色

九月号原稿 (6月詠む)


好きな色 

()() 

(
)

好きな色はグリーン

皆に知られていた

頂いた贈り物は

いずれもグリーン


生地も成長の地も

緑一杯の山村ゆえか

緑に魅入られていた


抵抗の意志の色と知り

ますます好きになって

帽子も洋服も

カーテンも絨毯もグリーン


ふと気が付けば

日記帳も洋服もコートも

いつの間にか

ブルーになっていた


ブルー一色の

南北朝鮮の統一旗

南北の選手が一緒に

行進した日の感激――


統一旗の行進を

直に見たくて

思いを抑えられなくて

アジア大会に参加した


シンボルカラーはブルーの

文在寅大統領の誕生

南北和解の兆しが見える


トレードマークの

グリーンの帽子二十七年を越す

ブルーの帽子を探そう

統一旗の色だ


f0253572_22464857.jpg
◎大統領の官邸・青瓦台の前の道路は長年、通行規制されていた。
文在寅大統領により市民に開放され、その初日に私は訪れたのだった。
景福宮の夜間開放もされた。ソウルの夜の散策スポットとして人気の場所となることであろう。
f0253572_22411950.jpg
f0253572_22344990.jpg

f0253572_22362127.jpg


f0253572_22282861.jpg
◎古宮博物館の展示物。朝鮮王朝の宮中の生活を実感できる。

◎朝鮮王朝実録は1392年7月~1863年12月までの各王代の事績を編纂した古書。編纂は国王の死後に編纂した、全てを事実に即して残すためだったという。清書本一部と活字本3部を作製して、4史庫に文置した。

秀吉の朝鮮侵略により焼失した。日本の朝鮮植民地侵略時には東京大学に略奪し持ち込んでいたが、関東大震災朝鮮人虐殺時に焼失した。
その後何度か再制作している。

日本では李朝実録と呼ぶが、「李朝・李氏朝鮮」とは、朝鮮を独立国と認めないで、天皇家に付属する一介の李氏の王家だという事を意味する。日本側の造語。



[PR]

by pcflily | 2017-07-30 22:48 | 『新日本歌人』 | Comments(2)  

Commented by Takeshi Nimura at 2017-08-06 19:07 x
「李朝・李氏朝鮮」は朝鮮を独立国とは認めない、日本側の造語とは知りませんでした。また、グリーンが抵抗の色というのも恥ずかしながら存じ上げませんでした。CFさまの作品から多くのことを学んでいます。自分の国の知らない歴史のこと、朝鮮という隣国の民族や文化、そしてこの二つの国に跨る人々の生き方や交流の在り方。たくさんの花の名前、無窮花は、CFさまから教えていただくまできっと知り得なかった花です。今日も暑い一日が過ぎます。広島原爆投下の日です。自らの国が戦争の被害者ではなく加害者であることも忘れてはならない日です。コメントが遅くなりました。猛暑は続きますご自愛ください。
Commented by pcflily at 2017-08-07 22:25
誰かに会う事により、新しい事を知ることが出来ました。
「李朝」の事は韓国から夫婦で派遣されて勉強に来ていたご夫婦に、国際交流会で、知り合った事から教えられました。就学前の女児も一緒でした。20年以上も前の事です。李朝白磁を朝鮮白磁とは呼びたくないと日本人に言われたことがあります。
両親がハングル世代なので、子供の名は、漢字を使わない名前で、姓が「高・コ」なので「コウンナ」・「可愛い子」でした。
両親以外には、韓国語で話せる人がいなかったからでしょう。可愛いおばあちゃん、粋なおばあちゃんと呼び、懐いてくれました。
一年生に入学するために一足先に帰国しました。ある日、韓国から電話があり、祖母に預けられていたのですが、我が家の電話番号をこの子が覚えていてかけてくれと駄々をこねるのでかけましたと、あちらのおばあちゃんからの言葉もありました。米国に留学すると言っていましたが、賢い子でしたので、素晴らしい仕事をしながら結婚もしているだろうと思います。

<< アボジの墓地    [新日本歌... 花と友と >>