花と友と

           七月号原稿(4月に詠む)

花と友と

            

しだれ梅の白い花びら

黄色の蒲公英は破顔一笑

春の訪れに紅梅も


桜色の羽衣ジャスミンに

先駆けて咲き盛る

黄色いカロライナジャスミン

塀からベランダまで


金雀枝は花壇をはみ出し

連翹と春の喜びを競う

春は黄色で溢れる


外出嫌いの私の友

最後の一輪が散るまで

語り合う狭庭の花達


独り居の居間を陣取る

胡蝶蘭の鉢十六個

温室もないのに

毎年花を見せてくれた


病を得た妹の為に

飛び回る去年今年

胡蝶蘭は一輪も咲かない


胡蝶蘭が届いた

日比イチさんからだ

昨年の退院の日にも

届いた宅急便


パック入りのお粥

魚と肉とジュースの缶詰

お菓子と果物と手紙

「益者三友」に涙ーー


☆極端に自分の名前が出ることを嫌う日比さんだった。この作品が出てからでは騙したことになると思い、送稿してからすぐに電話をしたら、絶交だと言われてビックリし、このブログにも載せないでいた。けれども、或いは照れだったのかもしれないと思うようになった。絶交されなかった。そればかりではなく、妹の為に苦労したことを知って、慰労したいと熱海のホテルに一泊の招待をして下さった。本当に有難い友達である。

オモニから送られてくる品物のように、こまごまと心のこもった食料も度々、送って下さるのもこの人である。

f0253572_20055824.jpg

◎紅梅、大きな梅を沢山実らせる。この家に越してから小さな苗を植えた。切っても切っても育つ。

f0253572_20113508.jpg

◎カロライナジャスミン、これも小さな苗をい一本植えただけなのに二階のベランダまで伸びて、今年は屋根に向かって伸びるので、私の手では剪定できずに困っている。
壁に張り付いているのは、定家葛、香りのある白い花も咲く。
その左の木は紅葉、5センチぐらいの苗を裏の空き地で見つけ植えたもの。これも切っても切っても伸びる。狭い敷地にあれもこれも小さな苗を植えて、現在は手に負えないでいる。無窮花、薔薇等々も。
f0253572_19554918.jpg
◎送って頂いた胡蝶蘭が終わるころ、我が家の胡蝶蘭も咲き始めた。
f0253572_19531136.jpg
◎挿し木をして3年目の紫陽花、「隅田の花火」すてきな色と容だ。



[PR]

by pcflily | 2017-07-30 20:47 | 『新日本歌人』 | Comments(2)  

Commented by Takeshi Nimura at 2017-08-06 19:06 x
美しい花がCFさまの友達であることは存じ上げております。心に余裕があれば花々もその秀麗さを惜しみなく伝えてくれるのではないでしょうか。友と呼ぶことが出来る素敵な方を仲間に持つCFさまが羨ましく思います。祖国の旅から帰国された安堵の心境が、作品から漏れ出す豊かな情感として表現されCFさまの今の心模様を投影しているようにも思えます。暑さきびしい折、CFさまのご兄弟やご家族の安寧をお祈りしております。
Commented by pcflily at 2017-08-07 21:39
コメントを有難うございます。
暑中お見舞い申し上げます。
小さな場所に、あれもこれも植えたので、木に咲く花は、どんどん育つので、手に負えなくなっています。草花も道にはみ出してしまいます。切ってそのまま、捨ててしまうのは可哀想なので、近所の公園の雑草を、少しよけて植え始めました。何故か、半分は抜かれています。でも、何度か通って植えましたので、半分は根付いて可愛い花を咲かせています。
昨日、行った時には、どなたかが、隅の方に紫陽花を挿し木していました。今日は、雨なのであの紫陽花も根付いてくれると思います。
誰かが、少しずつ、こんな風に、花を植えて下さったなら、広い公園も、雑草一杯でなく、花いっぱいの公園になるかもしれないと、嬉しく、楽しい気持ちになりました。

<< 好きな色 韓国の大統領 >>