靖国の闇へ灯を

☆今年も「ヤスクニの闇へ灯を」の集会に行ってきた。なんの知らせもなく靖国に合祀された朝鮮人。その子供たちが「アボジを返して」と言っているが、未だに日本政府はこれに耳を貸さない。どう考えればよいのか、全く理解できない。あまりにもいろいろなことにたいする日本政府の言い分は分からない。本当に分からない国だ。韓国から五人の遺族が来た。沖縄出身の新聞記者のお話も身につまされる話であった。独立国であったのに、日本に吸収された(朝鮮を植民地にした時と同じく武力侵略であった)現在も完全に日本の一方的な酷いやり方で犠牲を強いられているのだ。
公園や訴えが終わってから夕方になっていた。、暗くなってしまっていた。灯りを持って幟を持って、町の中へデモ行進に出かけたが、例年も大変な騒ぎを起こしていたのだが、今年はその数倍の騒音を立てて騒いでいた。其ればかりではなかった。人間砲弾と名付けたら良いのだろうか、行進している人の中に体ごとぶつかって来るのだった。ある若い女性は昔の兵士の恰好で何度も何度もぶつかってきていた。何人もの警察が必死で止めるのだが、いつの間にか、前方に進んでいて、また突進してくるのだった。それらの歩道からの突進に気を付けていたら、車道側から、男性が突進してきて肩にぶつかって来た。びっくりしてよけたが、そのまま後ろの女性に突進して、その女性は完全に倒れてしまっていた。
恐ろしい世の中、日本になってきてた。選挙で与党が過半数を取ったので勢い付いていると言う。
f0253572_21214109.jpg
f0253572_22145776.jpg
f0253572_21165784.jpg

f0253572_21175166.jpg
f0253572_21141495.jpg
f0253572_21191792.jpg
f0253572_21125999.jpg

f0253572_22170746.jpg




[PR]

by pcflily | 2016-08-17 21:53 | アリランエッセー | Comments(2)  

Commented by Takeshi Nimura at 2016-08-21 15:55 x
「神道国家日本」の再来でしょうか。安倍の改憲は「大日本帝国憲法」への回帰が最終目標と見受けられます。とんでもない世の中とは、「歴史を捏造」しても恥じないこの国の人々です。戦争を準備し再び武器を取ろうというのですから、救いようがありません。Conformist(従順な人)が跋扈しています。口を閉ざし物言わぬは犯罪に加担したことになります。ひとつひとつ積み重ね、声を挙げ続けなければと悔恨の日々です。CFどうか無理をせず、御身大切に。
Commented by pcflily at 2016-08-25 22:00
有難うございます。関東大震災時に虐殺された朝鮮人の追悼会の為に韓国に行ってきました。一人残り父母のお墓詣りに一日を費やし、また一人で駐韓日本大使館前の「水曜集会」に参加し、博物館3カ所、図書館、書店などにそれぞれ一日を過ごして充実した時間を過ごしました。
宿所は朝食付きで一泊2千円、ここは二段ベッドが置いてあり、その一つに全く未知の女性と同じ部屋で休みます。若い人ばかりでした。勇気を出して、自分で申込んだのです。帰宅後は疲れ果てています。

<< 韓国で、関東大震災時朝鮮人虐殺... 世界で唯一の世界最古の金属活字本 >>