世界で唯一の世界最古の金属活字本

☆世界唯一の世界最古の金属活字本「直指」を訪ねるドキュメンタリー映画が9月に公開されると言う。韓国の忠清北道清州市で9月の直指コリアフェステイバルで披露すると言う。
そこで思いだしたのは、私がこのブログを始めたそもそもの動機は私の歌集『身世打鈴』の在庫が無くなったので、せめて、ブログの上でも書き残そうとしたのだった。いつのまにか初期の目的を忘れ他の事を書くことが多くなっていた。歌集は18年前に上梓した。その時にこの「直指」についても詠んだものがあった。

族譜・じょっぽ
百年を越したる先祖の文集のなお新しき朝鮮本よ
母のことその父の名と長女なりと記され師のみの族譜というもの
始祖新羅王、李朝実録に載るその祖と文盲の父の誇る族譜
亡国の民なる日にも我が父の誇り支えしか「両班」ということ
「両班」の姓を守り祖国に身は土葬にと帰国する父八十五歳
村田喜代子書きたる「龍飛御天歌」にアボジの儒教精神土葬のこと
故里の土に還ると帰国せし老父住む忠清道の古代文化展甲府に来る
現存の世界最古の金属活字本「佛祖直指心體要説」パリにある不思議
七五一年刷られし木版本「無垢浄光大陀羅尼京」側転文字の鮮やけく
館員の寄る来りきてハングルの話はずむ人疎らなる忠清道古代文化展

○朝鮮のものが何故パリにあるのか分からなかったが、1866年フランス艦隊が江華島に侵入した時に強奪していったものであった。日本もあらゆるものを強奪してきた。そのうちの「儀軌」だけは戻した。フランスは「儀軌」などは返したが、これは未だに返さないでいる。それほど貴重なものであるのだろう。
1234年に世界で最初の金属活字本『詳定禮文』50巻が印刷され始めたという。私が通った日本の学校では、ドイツのグーテンブルグが最初だと教えられたが、朝鮮はこれよりほぼ200年前なのだ。教えられた歴史に嘘が多すぎる。
f0253572_20452737.jpg
f0253572_20561242.jpg


[PR]

by pcflily | 2016-08-11 22:10 | アリランエッセー | Comments(0)  

<< 靖国の闇へ灯を ラグビーの本を、上梓しました。... >>