朝鮮の核実験

f0253572_176033.jpg

京都で行われた「海外コリアンシンポジュウム」に参加した時の記念写真。
中央は仲尾宏教授、後ろの人の胸についているる大き目のバッジは参加者全員が胸に付けた参加証であった。全員が熱くなっていた。統一は自分たちの手で成し遂げようと―ーー。
この参加証を統一の日まで持っていて下さい。全額を私が、私自身の負担で統一した祖国に連れていきますと仰った方は、脳溢血で倒れてしまい、私の夢もしぼんでしまった。
在日、在韓、在中、在米のコリアンと日本人が集う大会であった。チマ・チョゴリ姿で新幹線に乗り込んで参加した喜びいっぱいの私であったのだけれどもーーー。

f0253572_20253949.jpg

翌日、高麗美術館で、この白磁に魅せられて、見つめていた時間がどれぐらいであったのか、気が付いた時には、同行者が誰もいなくなっていた。慌ててバスの所に行ったが、もう少しで置いてきぼりになるところであった。

テレビも新聞も朝鮮の核実験の話題ばかりだ。

誰もが北朝鮮が悪いという。本当にそうだろうか?
私の知識では、これに同意することは出来ない。アメリカは、核を最初に持ち、日本の広島と長崎に原子爆弾を落とし、日本は世界で唯一の被爆国となった。
世界で唯一の被爆国と言われる日本が、この事に対して、何故?もっと抗議しないのかと思う。
其ればかりではない、日本に核を持ち込ませたではないか。国民に秘密にしていた。政府は誰のための政府なのか。韓国も然りである。

世界の大国は、核を持っても良いなどとの決まり事自体がおかしいのだ。日本は被爆国として、どの国よりも反対しなければならない筈である。そうである筈なのに、反対どころか自分の国に持ち込ませている。全く理解できない。sっそうして、現在の安倍政権は戦争の出来る国へとかじを切ろうとしている。安倍政権に絶対多数の議席を持たせたのは、誰でもないにほんの国民である。いまなお、支持率を保っている。

東アジアで唯一、朝鮮は核を持っていなかったのだ。そんな中で朝鮮は、ロシアの核、中国の核、そして米国の傘の下で安住している日本と韓国。朝鮮は周りをすっかり核に囲まれていた。

アメリカ大統領ブッシュは「核を持たない国に対して必要とあれば核で先制攻撃をする」と宣言した。

2002年9月の事だ。こんなことが許されているのだ。ブッシュは、包括的核実験禁止条約も、死文化させた張本人でもある。

朝鮮は、米国に対して、終始一貫「平和協定」を結ぶことを要求してきた。「平和協定」を結べば核実験をしないとも言ってきた。けれども未だに平和協定は、結ばれず、「休戦協定」のままである。
南北統一の暁には核を放棄することも言明している。放棄すると言っている国が他にもあるだろうか?

そもそも、朝鮮戦争は内戦であった。そこに米国は自分の利益、反共政策の為に押しかけて来て、戦争を長引かせて、最終的には朝米休戦協定が結ばれたのではなかったのか?そして朝鮮は完全に分断化してしまった。

日本の敗戦で朝鮮が解放された時も、朝鮮人民共和国として独立宣言をしたのに、アメリカは、まだ、朝鮮の土地に一歩も足を踏み入れていなかったのに、独立を認められないと乗り込んできた。

そのうえ、日本の植民地支配の時の国賊の親日派を使い、大韓民国を設立し、軍政をしいたのだ。そのために、かの悲惨な済州島での4,3事件が発生した。たくさんの犠牲者の上に作られた大韓民国であった。
この時に北へ逃れた南の人達が大勢いた。その結果の朝鮮戦争であった。
アメリカの占領政策にのっとった大韓民国であり、その後の日本である。

自分は、銃を向ける、核を持つ、だが、お前は銃も持つな、核を持つなとは、筋の通らない、一方的な話だ。まず、自分の核を手放すべきだろう。

朝鮮は人工衛星と言ってるのにロケットだと言う。アメリカや日本や韓国は自国の実験は人工衛星だと言いながら、実験を重ねてきた。同じものを、朝鮮に対してはロケットと言うのだ。

日本人は、誰も不思議に思わないのであろうか?もちろん韓国人も含めて、アメリカの占領国であることを自覚していないからであろう。

アメリカの本当の敵は、中国やロシアなのであろう。正面切って言えないので、人口わずか2000万(現在の正確な数字は分からない)程度の小国の朝鮮を、的にして苛め抜いている。

日本も韓国もアメリカの占領国と同じであることを、朴槿恵大統領や安倍首相は知っているから言いなりに動いているが、国民はそのことに気が付いていないのが大多数だろうと思う。

テレビや新聞の論調を見てこのように感じるのは、私一人ではないと思う。
南北朝鮮の分断の遠因は日本の侵略にあることも、知られていることであろう。

例年なら、私の部屋は胡蝶蘭が次々と咲き、私はそれを愛でるだけで充分に、ご機嫌な時期であるのに、今年は次々と花芽が出来るのに、何故か花びらを開かぬままに散ってしまう。花が咲かない。次々と落下してしまう。100個ぐらいの花芽がしおれて落ちてしまった。
今年は温度と湿度の為に、器具を置いているので電気量が通常より1万円以上も余計にかかってしまっている。こんなに大切にしているのに花になってくれない。

育てている花がうまく咲いている時には良いことが続くという私の花占いが、また、当たってしまい、花の咲かない今年の2月は不機嫌な、嫌な日々を過ごしている。

f0253572_16573063.jpg

ひな人形を折り紙で作りました。近所の体操教室に参加したら、認知症予防の教室のようにこんなこともする。台紙は全員が赤を選んだが、私一人は好きな緑を選んだ。赤が普通なのだったのだろう。赤い絨毯などと歌うもの。扇子などはマジックで書くことになっていたのに、紙で作った。思いはあっても生来の不器用が作用して、うまくいかなかった。
[PR]

by pcflily | 2016-02-14 17:06 | アリランエッセー | Comments(2)  

Commented by Takeshi Nimura at 2016-02-18 07:47 x
朝鮮の統一は多くの在日の方々の悲願であることは存じ上げております。命がけで統一に取り組んでいる人々の存在を知ったとき、私は、方法論の違いは別にして、民族自決のゆるぎない信念を垣間見ました。能天気の日本人が狂ったように「ミサイルの脅威」を垂れ流しても、人殺し(朝鮮戦争)のどさくさにあくどく儲けたことを口にする日本人はいません。なぜなら、都合の悪いことは言わず、知らせずそして報道させないのですから。日本人が「米国人」と言うとき、中華系、ベトナム系、韓国系などのアジア人を想像することはほとんどありません。それほど日本人の「民族や文化」に対する認識のレベルが低いのです。CFさまは高麗美術館の白磁に秀麗で卓越した技を見たのでしょうか。一度、私も行ってみたいです。
Commented by pcflily at 2016-02-19 23:09
朝日新聞に中国外交部の王毅さんが、朝鮮の非核化と休戦協定を平和協定にと提案したことの記事が載っていました。

この事は朝鮮がずっと主張をしてきた事でした。前居住地で、この事と合わせて日本との国交正常化を望んでいるのに、米国と日本は、無視しているのだといくら言っても、日本人は信じようとしませんでした。友人に電話をしましたが、読んでいないと言うのでがっかりしました。米国と日本の制裁強化が当然との思いに凝り固まっているようです。

京都の高麗美術館は、一人の在日朝鮮人が全てを収集したものです。
ある日、骨董店で一つの白磁の壺に魅せられたことが始まりだったそうです。日本国内にあったものばかりです。
京都に行かれた時には是非、この高麗美術館まで足を延ばしてください。
如何に沢山のものが、朝鮮から日本に持ち込まれたのか、個人が秘蔵している数は計り知れないそうです。

<< 「核なき世界」の行方 川崎の「ヘイトスピーチ止めろ」... >>