ミンクのコートの裏地交換の繕いをしました。

オモニがハヌルナラへ行ってしまってから、もともと虚弱であったが、すぐに日常生活に困るほどに体調を崩すようになった。年末からの不調は年初も続いている。
身動きが出来なくてベッドに1日中横になっている程ではないが、芳しくない。暖房の中でも体の芯に寒さを感じている間に、役に立ったのが実家の遺品整理に行ったときに放置されていたミンクのコートであった。

実家のあった福島県の会津は雪国であったので、オモニも姉妹も毛皮のコートを持っていた。私はオオカミの毛皮を持っている。また、娘が婚家から贈られたミンクのロングコートを着る時がないと私に送ってくれた。そんなわけで、二枚もあるのだけれども、甥が残されたものはみんな、ブルトーザーで家ごと処理すると言うので、勿体ない、何方かに差し上げても良いと思って持ち帰った。

けれども横浜は暖地なので、毛皮はいらないと断られ貰い手がなかった。これが今回の長引いた風邪の時に大いに私の体に役立った。暖房をかけていても寒気があったのにこれを羽織ると体の芯から温まるのだった。
ところが、そのうちに裏地の綻びが酷くなってきた。糸も古くなるとこんなにも弱くなることを実感した。このまま捨てるのには忍びなくて私の「お得意のダメモト」で裏地を替えることにした。生地はやはり実家から持ち込んだものが、沢山ある。

姉は洋裁を習ったことがあり、縫物、編み物が大好きな人で、私の娘時代の洋服は殆ど、姉の手造りであった。いつ買い求めたものであるのか分からないが、新しい生地がたくさんあった。あるいは認知症になってしまって、買い集めていたのかもしれない。いずれにしても、どこかで役に立てれば良いと、塵にはしたくないので、我が家に持ちこんでしまった。

実を言うと私は縫物などは全く出来ない人間である。高校の時に、浴衣と袷の着物を学校に提出したが、近くに住んでいた中学時代の先生に教えて下さいとお願いに行ったら、殆ど先生が縫い上げてしまった。結婚してからも夫のワイシャツのボタンをつけるのをオモニに頼んだ。あのボタンを見るだけで震えが来て、触ることなどとても出来なかったからである。
編み物は好きであった。夫や子供や姪の為に自分の手で編んだものをプレゼントすることは何度かあった。そんな私がミンクのコートの裏地交換を始めた。古くなってほつれてきた生地を丁寧に取り除き、それを型紙にして新しい生地を裁断した。

ミシンは横浜に引っ越しをするときに処分してしまったので、すべて手縫いだ。この何日間は考えることはこの事だけであった。表が毛皮のためか裏の生地のカットが思ったより複雑になっていた。
洋裁道具も揃っていない中で、悪戦苦闘したが、漸く完成して試着してみたら、意外と体にぴったりと出来上がっていた。オモニや私の姉妹が、このことを知ったらどんなにか驚くだろうかと、一人でに笑いが込み上げてきた。
オモニはいつものように「貞花はなんでもやればできる子なんだよ」とほめてくれたと思う。
f0253572_17145988.jpg

○1月25日の昇る赤い月
f0253572_1716694.jpg

○枝垂れ梅も咲き始めました
f0253572_17185037.jpg

[PR]

by pcflily | 2016-01-28 17:18 | アリランエッセー | Comments(2)  

Commented by Takeshi Nimura at 2016-02-07 11:49 x
母親の愛ほど子供の記憶に残るものはありません。自分の子供を育ててみて初めて解ることがたくさんありました。異国の地に連れてこられ言い知れぬ差別やとてつもない迫害を受けたお母様の心労は如何ばかりだったでしょうか。それを引き継いだ貞花さまのお気持ちを考えると心が痛みます。かたちばかりの同情ではなく、いつまでも、何度でもその迫害の歴史を聞き続けなければならないと思っております。時として耳を覆いたくなる時もあります。でも先日、知人と話をしたときに知人は「そうだ私たちは何度でも在日の人々の話を聞き続けなければならない。何を言われてもどんなふうに言われて。ひたすら聞き続けることが、歴史を正しく精算できなかった私たちの責務だ。そうすることで共生の道が開ける」と。重い言葉でした。御身体はいかがですか?まだまだ寒さは続きます。ご自愛ください。
Commented by pcflily at 2016-02-07 21:47
コメントを有難うございます。
虚弱児の泣き虫であった為に、妹たちにも姉として接してもらえなかったけれど、オモニと姉には可愛がられました。群馬在住の娘が福島に単身赴任になったので姉を訪ねた時に、私のことを可愛かったんんだと何度も言ってたと知らせてきました。

オモニはいつも褒めて勇気づけてくれましたので今日まで生きてこられました。オモニが居なくなり不安が募り体調を崩したようです。
最終的には医師の治療を受けて薬を飲み続けています。

私の43年前の短歌が今作ったと言っても可笑しく思われないぐらいに日本国の政策、態度は変わらないのです。
このブログを読み始めても、以前のものまで読んで下さらないことも知りましたので、また書いています。

<< 川崎の「ヘイトスピーチ止めろ」... 編集部に問う >>