山上憶良を慕う

山上憶良を慕う  2015年 7月号  朴 貞 花
    

相聞の歌より

時代の問題提起

弱者への思いやり

幼への慈愛

貧乏と生活苦を歌い上げた

山上憶良こそ

ただ一人のヒューマン歌人

散文的、解説風、

情趣に欠けようと――

その魂から迸る思索と正義の歌

抒情性なく

韻律なくとも

歌うべきことを歌っている

軽んじられることはない

万葉集に数千の歌

貧窮者の世界と実情を

訴える歌は憶良だけ

老身・重病

死生問い呻吟する

人間の苦悩詠いき

憶良の歌を学びし日

子は馳せ帰り朗誦したり、

オモニを理解できたよ

「金も銀も玉も何せむに――」

亡国の渡来人憶良、吾もまた――

悲しみ苦しみ窮まる日

口遊みきぬ

「飛び立ちかねつ鳥にしあらねば」

☆東北大震災が起き、原発事故が起きた時、あまりの惨状に驚き、原発を作り続けたことへの怒りで、短歌を作れなくなった。
悠長に、余情のある詩的なものを作っている場合でないと思った。
天災である地震は、人間が止めることを出来ないが、この地震国に原発を安全だと次々と作るとは何事かと思った。私も嘗ては、反対運動に加わったことも有った。
何事も、あいまいにが美徳と言う国。先の戦争責任のけじめを付けずにあいまいにしていることが、このような結果を産んでいると思ってしまった。私には何の力もない事は承知の上であったが、この後に「行わけ作品」を作るようになった。書きたいことを、思うがままに書き始めた。直ぐに批判されるようになった。リアリズムがあると言えるのかとか、文字数が多いとか、批判が相次いだ。
2014年6月には、編集長が編集後記に、今月の「6月集」の朴貞花さんの行分け作品について、選者からの推薦作品とされているので掲載したが、短歌作品としての議論が必要ではないか。忌憚のない発展的な議論の提起をしたい。と書かれた。
これは、私をまな板の上の載せてみんなで捌こう(裁こう)と、言っているのだろう。その意見は、誌上にはまだ載っていない。編集長は、短歌を作っている人だ。
「6月集」に推薦して下さった選者に対しても失礼なことではないかと思った。脱会するべきかと思ったが、三人の選者が何度か「月集」に推薦して下さっており、励まされて、現在に至っている。
その批判に対する答えの作品が今回の「山上憶良を慕う」。

○ジャカランダの一房。

f0253572_20382272.jpg
○ジャカランダ、本当に大きい。
世界三大花木(ジャカランダ、カエンボク、ホウオウボク、)
神奈川歯科大の庭で。
f0253572_20322762.jpg
○足元に、こんなに小さいけれど綺麗な花を咲かせ、私も見て下さいなと言っていた。
f0253572_20340828.jpg
○30年前に御嬢さんがこの大学を卒業なさった、私に優しい友人に誘われて。
最高の美味しいお寿司をご馳走して頂いて楽しい一日であった。
f0253572_20371164.jpg


[PR]

by pcflily | 2015-06-26 21:28 | アリランエッセー | Comments(2)  

Commented by Takeshi Nimura at 2015-06-28 22:24 x
芸術や文学に基準などは存在しません。何を訴え、何を他者の心に響かせるかが問題です。見る者の、聞く者の、詠む者の心を捉えるかではないでしょうか。憶良の「貧窮問答歌」はCFさまの原点なのですね。深遠な批判は智者のみが知りえる世界です。憶良が異端であったのかどうかは私には解りません。しかし、今なおその歌が語り継がれているということは多くの人々が受け入れているからだと思います。小学六年生の時、万葉集で最初に覚えたのが「うりはめば・・・」でした。51年前のことです。社会派歌人憶良を行分け作品の先駆者とし同人を批判するCFさまのご見識に拍手喝采です。
Commented by pcflily at 2015-06-30 11:53
勇気を下さるコメントを有難うございます。
誰も理解できないであろうと思いつつ、何事も、何時も、自分の思いに拘り、今日まで来ました。強がっていても、心細い思いも持っていますので、この様な励ましの言葉は、本当に嬉しく感謝しています。
今までは、時間が出来たら、オモニに会いにゆくことが、全てに優先させる私の行動でした。1周忌も無事に終えたので、少しずつ、動き始めていますが、老化現象でしょう。疲れがとれなくて、考えも纏まらなく、行動も鈍くなってきています。
山上憶良を渡来の人と認めようとしない人もいるようですが、私は渡来の人と信じています。

<< 貞花の平和ミュージカル 雨に咲く花 >>