アボジとオモニの韓国土産


  
  玄孫まで四十九名の血縁の「在日」遺し白寿のオモニ逝く    神奈川歌壇 

評 九十九歳の大往生、見事な末広がりにも敬服するが、何よりも母上へのいたわりに満ちた哀惜の一首に思いを深くした。 今野寿美選  2014年8月31日

☆8月29日は陰暦で8月5日だ。私の生まれた日でもあり、娘も陰暦では同じ日に生まれ、二人とも陽の昇る頃に生まれた。私は76歳になった。
守護神のオモニが逝ってしまい、オモニっ子から、独り立ちしなければと試行錯誤しているが、不安感は増すばかりであった。
最近、短歌を詠むことはなかったのに、オモニのことを思い詠んだ、たった1首を投稿したものが入選した。初めて作った短歌を「朝日歌壇」に投稿した時に、選者とは、31文字の中から、見も知らぬ私の思いを汲み取れる素晴らしい人であるのだと感動した。あの日、入選した自分の短歌を読み、夫の死をはっきりと再認識して泣いたことをも思い出した。今回の入選でも、私のオモニへの思いを、選者がしっかりと汲み取って下さったことで、気持ちの整理が付けられそうな気がする。
子育ての頃は、子供の事が最優先、子供が結婚した後も長いこと子離れが出来ないままに、オモニのことを最優先にしていた。これからは、自分の為にも、少し何かをしたいと思う。

☆アボジとオモニの初めての帰郷は1970年代。韓国に行きたいとのアボジの思いは早くから強いものであった。1910年生まれのアボジに、還暦が過ぎてからと、家族が引き留めていた。人生五十年の考えが当たり前の頃であったが、南北の統一を信じていた私達であった。アボジの還暦の祝いが済んでも、朝鮮は分断のままだった。アボジは痺れを切らして、痴呆の真似までしたので、一人では行かせられないと家族が心配して、オモニも韓国籍に変更して帰国の夢を果たした。
その日の様子や、夫の逝去の事を詠んだ短歌が、1976年8月の月刊『統一評論』に掲載されている。

初めての帰国の記念と形見にと七人娘に、お揃いの純金のネックレス、指輪、イアリングをお土産に買ってきた。アボジとオモニにとっては、大変な出費だったと思う。その時、私だけに、何時もチマ・チョゴリを着るからと、このビーズのバックを買ってきて下さった。他の姉妹は「貞花にだけとは酷い」と憤慨した。
f0253572_22001819.jpg
姉妹が憤慨したので,2度目の帰郷の時に、特別注文で、7人姉妹に色違いの同じ形のものを買ってきた。大きいので驚いた。(左上のもの)オモニ用のもの(左下)を、あまり使わないからと、私に下さった。
貞花は何でも大切にするからねとー―。でも、最近はこれらのものを使う機会に恵まれない。淋しい。
f0253572_22212750.jpg


[PR]

by pcflily | 2014-09-02 22:33 | アリランエッセー | Comments(2)  

Commented by 新村 猛 at 2014-09-04 21:02 x
歌の入選おめでとうございます。「玄孫まで四十九名の血縁の「在日」遺し白寿のオモニ逝く」貞花さまの優しいお心と強い絆が伝わります。苦しい時代を一緒に生きたという証でもありますね。人と人をつなぐ言葉には力があります。鋭い刃のような言葉、深い愛情に満ちた言葉、民族の悲劇を憂いた切々とした言葉・・・言葉には力があると私も信じています。貞花さまの新しい作品を楽しみにしております。
Commented by pcflily at 2014-09-05 00:24
有難うございます。オモニの生きた証を残したいと思いました。
入選して、嬉しいです。横浜にオモニも暮らしていましたからーーー。願えば叶うのでしょうか?
突然、このブログの画面が消えてしまいました。あちこち、いじっているうちに漸く書ける場面が出て来たので消えないうちにと、一つ書いて、戻ることが出来ました。明日はどうなることやらです。

<< オモニの糸巻 関東大震災・朝鮮人虐殺フィール... >>