新年ということ

新年ということ

 新しいことは、何もないけれど、今日から新年だという。
子供と孫が挨拶に来て、お年玉を渡す。一緒に食事をする。今日は全員で大阪朝鮮学校の花園でのラグビーの試合を見た。大阪朝鮮学校が勝ったので素直に皆で喜び、しばらく遊んで、子供の家族は自分たちの住処に帰っていった。
 新年ということで、私も昨日も今日も普段の日にすることは一切しないで、好きな朝鮮民謡を聞き続けた。聞くばかりでなくパソコンからテレビに繋げて、大画面にして歌手の姿や舞踊手の姿も見える朝鮮舞踊の画面も見る。かつて、苦しい生活の中でも、一つの事を信じ、それなりに。、共に歌って踊って楽しんだ仲間もいたが、この横浜に住むようになってからは、テレビとパソコンの画面が一番気の許せる友達になった。
 朝日が昇るのを見て、夕日が沈むのを見て穏やかな隠遁生活をしており、新年と言うほどの感慨にひたることもない。

f0253572_20285460.jpg

子供を育てることに全神経を集中している頃が懐かしい。
[PR]

by pcflily | 2014-01-01 20:33 | アリランエッセー | Comments(2)  

Commented by 新村 猛 at 2014-01-03 18:38 x
朴貞花さま あけましておめでとうございます。ご家族との和やかなお正月だったのでしょうか。今年も素敵なお話や詩歌をよろしくお願いたします。年末に博物館に出かけました。年が明けて、仕事の具合を見て、再び博物館に通う積りです。お時間がございましたらまたお付き合いください。
Commented by pcflily at 2014-01-03 19:39 x
新年おめでとうございます。コメントを有難うございます。
今年もよろしくお願いします。
1日は息子家族、今日は娘と孫が来ていきました。1日は中学三年の孫娘に、今日は大学4年の孫にパソコンの扱い方を教えてもらいました。限られた時間なので、私の覚えも悪く、難しいけれど、一つでも覚えていられたらと思います。

<< 或る日の韓国語教室にて 今年の世界 『身世打鈴』別冊より >>