今年の世界 『身世打鈴』別冊より

 今年の世界  『身世打鈴』 別冊より

 天運に見放されたる同胞か金日成主席みまかりたまいぬ

 テレビに映る平壌市民の姿を多くの人が異常だと騒いだが、在日コリアンの大部分の人が彼らと同じく泣き叫びたいのを堪えていたのをしっているだろうか?私が南の生まれでありながら韓国を支持できないのは、韓国政府が統一を望まなかったことが、明白であるからだ。私の八十歳になる母は電話の向こうで嗚咽が止まらずに三度目の電話で漸く話が出来たのである。

 一族の宴たけなわになりぬれば北よ南よ在日よと激す

  大国による分断で半世紀、同じ父母の血を引く我が家の七人姉妹さえ、結婚により、朝鮮人、韓国人、はたまた在日論者と分かれてしまった。両親が健在なために全員が打ち揃うことが度々あって、北にも南にも行かずに日本に住んでいる私たち姉妹は顔を合わせる。
 わが家に限らず在日コリアンのほとんどが南出身であるにも拘わらず、金日成主席の北を支持してきたのは、彼が朝鮮の統一を至上の課題にしてきたからに他ならない。また、韓国政府は日本に居住する同胞を日本政府と一緒になって放棄したのである。
 冷戦終結といわれる中で核疑惑を持ち出し朝鮮を追い詰めた米国が、朝・米会談に合意した。金日成主席は南北首脳会談を目前にして逝ってしまった。私は泣かずにいられなかった。
 二千万の小国が世界の大国米国と渡り合い、合意にこぎつけたのだ。
 今年の世界のニュースの第一位だと思う。半世紀を一国の主として生き抜き、冷戦の残骸の『三十八度線」の処理を出来なかったことは、どんなにか残念であったろう。在日コリアンの無念さはそれ以上のものである。
国益のためにはどんな裏切りも平気でする政治家、米国の今後の出方がどうなるのか、私の胸は休まるときを知らない。   (1994年12月)

☆19年前に書いた文章である。主席を首席と印刷されていたことに、全く気が付かないでいた。歌集を出版するときの私には、短歌を見直してくれる人も、校正をしてくれる人もいなかった。

作家の関川夏央に金日成主義者だと批判をされたが、私の場合は総連の最下位の役員にもなったことはないし、思想教育を受けてもいない。むしろ、総連関係者からは排斥されていた。どんな場合でも、自分の意見をはっきりと話すからであったかもしれない。

 交通事故の後遺症の為に仕事が出来なくなって、ご飯は食べさせてやれるよと言う人と再婚した。10年ほど暮らした時に、彼から離婚したいとの申し出があった。総連で専任で働いていた長男が給料が出ない、看護師になるための勉強をしている嫁の収入だけでは暮らせない状態だ。長男と同居をして、孫の為に自分の年金を使いたいとのことであった。血縁を大切にする朝鮮人だから、当然の事であろうと承知した。
私の子供たちは二人とも、すでに結婚をして独立していた。一人になるオモニを心配して、離婚することに反対して、直接、彼を説得しようと試みたが、彼の決心は固かった。
同胞も近所の人も、私が彼を追い出したのだと言っていた。私の家に彼が住んでいたし、彼が10歳年上であったからである。16年前の事だ。

 最近、或る人に会いたいとの電話を受けて出かけたが、そこで、偶然に、彼の家族の話を聞くことになった。長男は管理職につき、嫁は看護師として大学病院に就職し、一番上の孫は弁護士になり、二番目の孫も就職し、三番目の孫は朝鮮学校の教師となり、それぞれ、立派に活躍をしているという。私と離婚をして支えてやった成果があったのである。さぞ、満足して楽しく暮らしているのだろうと思ったことであった。
f0253572_19395273.jpg


居間の窓から見えた朝日の昇る姿。あまりに強い光でピンクの影?まで映っている。
[PR]

by pcflily | 2013-12-29 19:40 | 『身世打鈴』エッセー | Comments(2)  

Commented by 新村 猛 at 2013-12-31 07:28 x
「同志キムイルソン・・・」と女性アナウンサーの声に耳をそばだてて平壌放送を聞いていたのは46年前です。「朝鮮パルチザンの偉大な指導者」との認識を持ったのはその時でした。爾来、朝鮮は私にとって身近です。朴貞花さまのように、ドグマに囚われない真摯な気持ちは広範な人々を繋ぐ大切な考えと思います。ただ、信念のみでは、人を説得することは困難です。論理ばかりではなく感性に訴える抒情的表現で情熱や理念を訴えることも一つの手法ではないでしょうか。行分け作品を断片で切り取って鑑賞するのは規則違反かもしれませんがお許し下さい。
 ひとめ会うことさえ拒み逝かしめし君の死に
 病を吾の知らざりき  (朴貞花作)
もうひとつの恋の行方だったのでは・・・と邪推するのは読み手の偏見でしょうか。
今年は素晴らしいお話や詩歌をありがとうございます。来年も心に沁みる詩歌をお願いたします。 良いお年を お迎え下さい。
Commented by pcflily at 2013-12-31 12:46 x
新村猛さま
コメントを有難うございます。感謝しております。
柔軟性がないので嫌われるようです。「貞」と言う字は朝鮮語では硬いという意味と説明します。家族全員がピッタリであると言っていました。
それでも、テレビとパソコンがあるので毎日楽しく過ごしております。昨日と今日は何もせずに「송소희」の歌う朝鮮民謡に浸りきっています。
新年は、良い年でありますようにお祈りしております。

<< 新年ということ 統一チーム「コリア」 >>